2013年02月20日

デフレ脱却?アホかい!まだジャパンは模索してるんだよ

少子化だし、年寄りはカネを使わないから、経済のパイがちっこくなって行くのは当たり前だ。それが緩やかなデフレを伴うことは別にたいしておかしくない。

おかしいのはそこから無理して時計の針を逆に戻そうとすることだ。

今後50年先を考えたって人口は増えない。
国内産業はソフトランディングするしかない。

国外に活路を見出した者は別だ。
しかし、そうした企業であっても国内に雇用を残すのは難しいだろう。
言わばボランティアのように冗長で小規模な仕事を分け合うことになるだろう。

もちろん活性化する方法はある。
ただし、それは税金を使った公共事業ではない。
今までの大きなパイから小さなパイで十分楽しめるようにする工夫だ。
公共工事は好ましくない、効果が一時的である上に、厚化粧に更なる厚塗りを加えるようなものだ。

本来はすでに手に余るほど張り巡らされた道路やそこにかかる橋を捨ててしまう決断と工事をしなければならない。昭和のがたがた道に戻る勇気をこそ見せねばならんのだ。

日本は萎んでいる。
ワークシェアとコストダウンの考えが合致して非正規雇用が増えた。
低い賃金、ワーキングプアが問題となるがこれは是正されるべきだ。

しかし、生活保護のように過度にもてなさなくて良い。
人は生きていけるのだ。
賃金アップで消費が増えるのは確かだが、元々消費のパイは猛烈な勢いでしぼんでいる。
多少増やしたところでたかがしれている。

景気は気。
もはやリップサービスかパフォーマンスの世界だ。
何度なく景気が良さそうだ、と、如何に庶民を誤解させるかというのが政治家の仕事になっている。
できれば経済団体も協力して欲しいものだが経団連も同友会も企業トップのくせしてイマイチノリが悪い。

ま、それはともかく、ジャパンは未だ底を模索してウネっている。
ただのサラリーマンばっかりの世の中が進化した文明であるのだろうか?
もっと自由な姿、柔軟な姿を求めた若者が増え、それを中高年が追いかけている構図だ。
趨勢は10年単位で変わらないだろう。

途中でアベノミクスみたいなのがやってきて何かを悪者にして無理やり経済を弄るだろう。
多分、その行為は経済学的には短い時間で是正されてしまう。

間違っていると言われるだろうが、
働き方の多様化をすすめる規制緩和辺りが最も日本を定常状態に早く導く手法なのだ。ー
posted by C.C.C3 at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

The surrender value has been determined.

This investment failed. It didn't fit in me..
posted by C.C.C3 at 09:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

ES futures break 1500pt.

Good economical fundamentals? No!
I feel it terrible. I have to say to the world. "I miss my place."
posted by C.C.C3 at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする