2016年06月30日

入出金は法人から

なんでもかんでもコンプライアンス。

入出金は名義が一致してる必要あるそう。

稼いだ資金を扱うためにアメリカのどこかの銀行に会社で口座を開く必要がある。

入金も法人から。仕向け送金が必要だとしたら大層面倒。

資金はトランスファーか、キャッシュで最低100万円の送金。トランスファーには制限があるので、少し時間がかかる。一先ず小額を送金にトライして使い勝手確認しようかと思案中。

一進一退。

posted by C.C.C3 at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

会社用の口座ができた

本人確認&コンプラ審査が完了。

無事に口座ができた。


・・・と、ここまで来て疑問がいくつか。

手数料同じか?(こないだから疑問)

入金時の送金は?

ACH使えるか?

個人の口座から入金、
個人への出金が制限されてるとすると
これはなかなか面倒だ。


更に問題が一つ。

よく考えたら現状で法人が運用することに大したメリットはない。

忘れてた・・・


それでも少しずつ前に進んでいる感覚。

posted by C.C.C3 at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7月29日の新幹線が予約可能に

始発で新尾道まで。

平日なのでどうやらガラガラでした。

定時運行を期待します。

posted by C.C.C3 at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

早稲田戦

ほんの数ヶ月前は理にかなった対戦相手と見えたけど、
今回は全然違った。

すごく違うと思った所。
1.途中で止まる
2.パスが戦術的じゃない(戦略がざっくり)

早稲田はそこをしっかり押さえてたと思った。
じっくり前に行くし途中で止まらない。
パスはカウンターパートナがすごく明確だった。

パスについては短いのをつなげるのだけが良いとは思わないけど
ゴールキックからうーんと唸ってしまった。

客席では「はい、それちがーう」とか「○○!○○○!!」って
まるでベンチが延長されてコーチが何人もいるみたい。
スタンドは静かなのか騒がしいゴール裏かどっちか極端な方が良い。

得点はできなかったので残念だけど
かなり惜しい場面はあったから
チームとしてとっかかりをつかんで欲しい。

4年間の集大成をみたい。
良い試合を
美月のいープレーをみたい。




posted by C.C.C3 at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっぱり損切りした

どうも気分良くなかったので
売りの片玉を全部処分。

僅かな出費になったが
すごく気分良いことが判明。




posted by C.C.C3 at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

端末を一つ捨ててもいんじゃないかと思った

業務用じゃなくて
家庭用の端末。

ココの所録画にしかつかったないことに気づいた。

単純に廃棄するか
せいぜい手のひらくらいの物体に置き換えできないだろうか?

posted by C.C.C3 at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イギリスの国民投票に備え

PUTを全部買い戻し。
昨日高かったのはきっと同じこと考えて買い戻してる人が多かったから。

VIXの枚数は前回の大きな下落時の倍くらい。
違和感なく最初の急落に直面できるか試される日。

現在、SPX期近は70ptほど下落。
まだ誤差の範囲内。


posted by C.C.C3 at 18:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

書類は通過、アセットクラスも全て承認

あとは入金するだけというとこまできた。

昼間なら日本法人に電話すると日本語で問い合わせができる。
個人口座を移管できるか明日聞いてみる。

だめだったら、、
一旦、マージンの最少額10,000USDだけで口座がアクティブにならないか聞いてみる。

それでもだめだと若干長い話になりそう。。
10,000からだとしても面倒なことにそんなに変わりない。


posted by C.C.C3 at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IBの法人口座、いよいよつくる気になった

口座の種類など瑣末な話。
乱暴に言うと
そんなのに気を遣うような雑魚に誰も用はない。

だけど雑魚も餌食って
でかくなる努力すべきかもと思え、
努力するからこそ雑魚なんだろうと。

国内で完結するのと違って
W-8BENとW-8BEN-Eは別物だから
単に金額合わせればいーというわけじゃないよと言われる
(それでも些細な話であることにかわりない)。

・・ということを急激に考えてしまった。
少しの間は準備期間として個人口座で玉の整理しようかと思ってたんだけど・・。

思い立ったが吉日で
申請だけしてみることに。
証券会社的にそんな雑魚いらんと思えば拒否されるだろうから
そしたらやっぱり瑣末な話は些細なことということになる。


IBへの申請は電子化が進んでる気がした。

決死の想いで申請したのを思い出した。
今は日本法人があるので
わざわざアルファベットで書かれた証明書を用意する必要がない。
全部ブラウザから選択して送信ボタン押すだけ。
すごく便利。

口座タイプでPFMを選択すると以前は審査があったように思うけど
今回はいろいろ入力したら口座自体は承認された。
口座できるかどうかもじもじする必要がなくてこれは安心。

証明書の類は個人より多い。
会社の証明、会社の住所証明、会社の存在証明、会社での取引権限証明、会社で取引する人の証明、会社で取引する人の住所証明、会社で取引する人の存在証明、あと個人の証明・住所証明・存在証明。

正直うんざりだけど、まー一つ一つ添付してみた。
本店事務所を移転したから会社関連の書類が面倒だった。
議決が必要な書類もあったり。

案外、住所が書かれた郵便物を保存しておくと便利だった。
TEPCOや東京ガスの領収書も使った。
これは日本法人のおかげだ。
ありがたい。


書類は目処がたった。

そういえば資金が無かった。
ポジション移管すればいーじゃないかと思ってたが違った。
移管は別の会社からだった。

まー書類でどうにもならなかったら考えても仕方ない。
審査通ったらポジションの一部か、キャッシュポジションだけでもトランスファできないか相談してみる。
最悪、一回ぜんぶencashしてCPBにACHで送金してからFOP。

そして、考えても仕方ないと言いながら
そこまで想像すると「法人も手数料一緒なんだよな?」と言う素朴なギモンがわいてくる。
日本だと法人に劣悪な手数料を押し付けるのが当たり前になってる。
IBはどうなんだろう?

そういえば送付物はいつ届いて、取引再開できるのいつだろう?
素朴に聞いてみよう。


冒頭で書いたように瑣末で些細な話だけど
つっこんでみるといろいろ思うことがある。
この思い巡るのは具体的に行動したからこそ。

全体からみたら取るに足らないこととは言え
新たな考えに至ったり、疑問を持ったりするのは良いと思う。




posted by C.C.C3 at 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

通勤手当、学資金

通勤手当の非課税枠が引き上げられました。
次年度は手当見直します。

学資金は法人から使用者に渡すものが明確に課税されることになりました。

緩急にみえるけど
絞め具合の皮算用はおいくらか?

posted by C.C.C3 at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

根っこは見積もり

やっぱ非常にイライラさせられる。

原因は見積もり。
工数見積もれないのにタイトな工程にするから。
終盤になるとなぜ終わらないんだ?となる。

すると原因調査。
調査っていうか当たり前なんだけど
後付で「本来こういう工数でした」と回答する形。

少し学習して
数日確保するので今度こそ小日程を決めようということになった。

だいたい顛末はこんな感じ。
・WBSすらない
・WBSの項目だけ頭出し
・項目しかなくて工数埋まってないと騒ぐ人出現
・最近の作業量の調査&一律で予定工数設定ということに(ほんとか?)
・案の定、一律じゃ話が合わないと騒ぐ別の人出現
・WBSの項目を見直し
・数字もリアルに、だけど枠におさまるように

むちゃくちゃ過ぎる・・・
特に最後の

現場に工程線つくるプロセスがほんとに存在していないことがわかりました。

いつもは目分量でやってて
うまくいってる間は何もせず
なんかあってから締めあげてどうにかするという類の効率化なのだと思います。

このやり方は以前憧れたことありましたが
実際経験してみると締め上げられるときはすごく気分悪いことがわかりました。

ずーっと面倒な手続きがあるのと
年に何ヶ月かキツキツになるのと
果たしてどっちが良いのでしょうか?

答えは「どっちも悪い」です。


結局、マネジメントはただの伝言役、
僕らリーダ級はマネジメントが大半でほとんど業務の面倒が見れません。
担当者だけが業務に専念してるけど、
リーダ不在じゃ顧客と話ができず、作業が限られています。

マネジメントは挟まれて身動きできない
リーダはやること多すぎ
担当者は満足に作業できない
結果がでないとディレクタは騒ぐ(マネジメントに戻る)

壮絶な悪循環は短時間では解決せず
力押しで全部終わるまで我慢するのだそうです。

僕は責任感でつきあっていますが
こんなものに責任を感じる必要など全くありませんね。







posted by C.C.C3 at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

今月も残業代は出さない方針だそう

今月は当初計画から突き出してるので予算が全く無かったらしい。
仕方なく最終顧客と単月契約して所定時間内の費用を確保したそう。
なので残業代は出せない見込みということになった。

先月は求められるものが処理能力をこえるほどあって困った。
今月は量はマシになったが時間が無い。
都合、難易度が維持された感がある。
結局、ストレスフルだ。

先月よりずいぶんマシなのは、
むやみにあれもこれもやらねばならないということがなくなった点。
先月頑張ったおかげでやっとゴールが見えてきたというのもある。

残業代が出ないなんてことがあるのかと驚く気持ちと
「なので所定外作業できないの仕方ない」とぼんやり認知されていることへの更なる驚き。
そして、「なぜ残業代が出ないのか?」まともに説明を受けた納得感がある。

総じてこんな職場ありえないって思うけど
営業に聞くとこんなの当たり前らしい。
みんなよくこんなのよく続くよなって思う。

昔サラリーマンだった頃、
現場に不満たらたらだった。
給料自体がすごく安いという感覚が不満の源泉だったと思う。
だけど、当時は残業代が無いなんてことは無かった。

ゴリ押しすることもできたし、
マネージャを裏で締め上げることだってできた(笑)。
今思うとかなり無駄な残業が認められてた。

なぜ給料を安いと思ったかと言えば実は話が長くなる。
面倒だから飛躍すると
僕からみればその感覚自体が大半の日本人が幸せを感じない根本的な理由に繋がってる。

それでいーよ、、
十分だよ、、
って言う人のほとんどは理想をとっくに諦めてる

かわいそう

ということで当時はかなり恵まれてたのを今頃理解したけど、
自分で自分を憐れむような状況に戻りたくない。
それにクライアントのプロパーはそれよりずっと不幸な顔してる。

なぜそこ辛いおもいして働くかと聞いたら
家族居るから
生活があるから
他に知らない
という3種類だった。


このプロジェクト、次のプロセスに行くつもりがあるんだろうか??
戦術的には今月で損切りしてしまいたいのに
どうやら今月では終わる気がしない。

また来週だか再来週に無茶な峠越えするのか心配だ。


posted by C.C.C3 at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

区民税・都民税、普通徴収も来た

特別徴収先以外の所得は普通徴収するらしい。
さらっと誤魔化そうとしてるけど
特別徴収先って去年の話だから・・・。

歳入の信頼性向上という点では評価できる。
ただ、納税者としては何もいーことない。
二度手間、三度手間。

むしろこう言ってもらったら納得感あるかも

『自治体としては何よりキャッシュが欲しいんですよ
 手間が増えて面倒だでしょうから
 ふるさと納税でバンバン還元すると共に
 手数料代わりに税額控除しますわ』


複雑な徴税制度になっても
SSNのおかげでかき集めることができるようになった。
泥船の補強(税収の安定)につながれば良いけど。



posted by C.C.C3 at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デッキチェア x 外で昼寝 ≠ 罪悪感




バルコニーにデッキチェアをおいてみた。



↑こういうやつ。

寝そべると視線がひくくなる。
手すりが目隠しになって案外うまいこと周囲の建物から見えなくなる。
屋根無いプライベートな空間ができる感じ。

明るいから深夜でも星はほとんど見えないけど、
東京タワーのライトアップでうっすら照らされる雲とか
角度かえたら六本木ヒルズだけを遠目に眺めたりできる。

こりゃいーじゃない。

今日は晴れてたので午前中に洗濯して干してみた。
そして、眠気に耐えれなくて3時間も昼寝したが、
布団で寝るのと違って
罪悪感がない。

精神衛生上、極めて良い。


posted by C.C.C3 at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

やり切った

とうとう努力が業務量に勝った。
何週間かぶりにやり切った感で現場を後にできた。

途中、完全に投げ出そうと思ったから
完全勝利じゃないけど、
完全に投げ出したわけでもなくて、
チームで補完しあって乗り切れた。

まだマネジメントはリスペクトしようと思うほど気力が再充実してるわけじゃない。
ただ、ストレスがやりがいを産んでいることを認めざるを得ない。
無闇に根性でなんとかしようとするやり方は好きになれない。

最終顧客、顧客、マネジメント、担当。
皆が自然に幸せになれる働き方があるはず。
今の時点でそう気づけなくて、
そこを目指してないような現場にいることは無意味だと思う。

120まで生きると言ったってせいぜいあと10年かそこらしか前線にはいないから、
どんどん切り替えた方が前向きだ。
不安定な雇用とかいうキーワードは僕にはフィットしない。
寧ろ長く抱え込まれるリスクをこそ恐れるべきと思う。

長く居ない代わりに顧客には付加価値を提供することにした。
若手に厳しく接すること。
20代や30代の若手には僕は経験者に見えるから
必要な場面では現実を伝えることにする。

顧客も人が足りなくて僕を雇うわけ。
教育が欠けてると思う所は遠慮無く指摘させてもらうことにした。
僕がまともなことを言う前提だけど、
仕事の結果としてはこれが一番意味あるものと思う。

年長者のあるべき論にたどり着いた。
忌み嫌う日本式根性論の末。
なかなか複雑だ。




posted by C.C.C3 at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相模原

リフォーム終わり。

WBSの最近の放送によると、
相続税対策でえらい供給過剰らしい。
迷惑な話。

うちの近くは基地返還、再開発できっと人気になると思ってた。さすがにそんな筋書は甘かった。

で、賃料下げ、、
というより広告料上げ。
フリーレントをつけた。

手間ばかりかかけど、
自宅でない不動産は絶対要る。


posted by C.C.C3 at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

今の現場のおかしなこと

月曜日にして既に気分がすごく悪い。

1.契約金額と作業工数の対応が不明確
2.見積もりはいつも後付なので最初から工程と著しく乖離
3.金と作業のギャップは根性で埋める

 去年から薄々気づいてたけど見積もりが無い。
 大工程がいい加減。
 よって中日程が無い。
 少日程は目先のWBSでしかない。
 WBSの作業量積み上げは上位工程にフィードバックされない。
 だから月末になると「今月中にやれ」という話が出てくる。

4.標準作業が勘
5.品質は努力でつくる

 それというのも作業手順が全て口伝だから。
 作業量など見積もれるはずがない。
 サチる品質を上げるためには指数関数的に工数が膨らむ。
 手順書をつくる文化がそもそもない。
 作業を標準化するという考えもない。
 顧客のクレームのたびに手順が右往左往。
 内も外も声の大きな人に振り回される。

きっとすごく尊敬できる人たちだと思ってたけど、
とんでもなく間抜けなのかもしれない。

知らないということは
とても幸せで
とても困ったこと。

何もない所に何かを見出そうとしたのは素晴らしかった。
できれば気付かずに何かを見つけようと努力していたかった。



posted by C.C.C3 at 02:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

5兆円の100万円って…

さすがにニュースを耳にした。

返すのは100万円ちょっとだそう。


東京都の予算って5兆円。
100万円なんて誤差の中の誤差。
仮に100万円が1億円だったとしても誤差。

まさに重箱の隅。

公私混同の姿勢を好ましいとは思わないものの
こんなことで都政を混乱させる方が問題。
こんなことで大騒ぎする方が問題。

落ち着いた方が良い。



posted by C.C.C3 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

ワールドシェイキング


ウラヌスをどう描くのか受け取るのかという課題です。
気質の方には理解不能かもしれません。


vlcsnap-2016-06-04-19h40m11s394.jpg


すっかり女の子(右手)になってて
複雑な心境です。




20160604-2ScreenClip.png

ウラヌスの必殺技「ワールドシェイキング」。
子供心にこれがかっこよくて仕方なかった。



20160604-3ScreenClip.png

頭の上につくったのを地面に叩きつけると。


20160604-1ScreenClip.png

ぐいっと浮かび上がりながら飛んでいきます。
リングが垂直方向に起き上がるとこが特に良いです。





当時のシリーズでは、メイクアップと同じBGMがワールドシェイキングでも使われることがありました。

冒頭のヒットがすごく劇的で印象に残ります。

オケじゃなくてストリングなのとちょっと音程高めで切迫感盛り上げておいて
本体はバイオリン一本。
しかも白玉有り。
ワールドシェイキングがぐいーっと進むとこはまさにここ。

実にアートだと。


つまりウラヌスをどう受け止めるのかという話です。











posted by C.C.C3 at 20:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっと解放された…。

物事の優先順位がてんでデタラメというか、
これまで20年の間に経験したことない順序でdeliverしないといけないというか。

だれも納得してないけど
だれも表立って文句言わずに
黙々と努力する姿を目の当たりにして驚きを禁じ得ない。

つまり、
まだ、
どこかで、
「逃げ道がある」とか
「ヤメればOK」と
思っている自分が居ることを再確認。
いや、今日やっと再確認する余裕ができた。

反対向いてた気持ちが最初から前向きだったら、と考えれば。
それが僕の伸び代で、今抱える課題だと思う。

追い込んで自らを探求するアプローチ。
冗談抜きで命がけ。
もはや修行の類ではないか。



posted by C.C.C3 at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする