2016年07月31日

分析 x 解説 x 続き

元麻布の方から氷川神社行って、
仙台坂を下って帰ってくると3000歩です。
これは定番。

開拓のために三田方面に行ってみました。
オーストラリア大使館のあたりまで行って、
ヘリポートがある付近で一番高いタワーマンションに向かって歩きました。

ロビーの高い天井は魅力的でした。
けど入り口にいっぱい人がいました。
なるほどそういうデメリットもあるのか・・

大きな通りに面した建物はうるさくて勘弁ですが、
一本裏通りに入り口があればOKです。
東麻布はごちゃごちゃださい建物しかありません。
狸穴はちょっと落ち着いてます。

三田はNECがあるので消去法の最初に消えていましたが、
歩いてみたら静かな場所がたくさんありました。
それに住所『三田』というのはすごく書きやすいです(武蔵村山とか最悪でした・・・)。

健康増進にあわせて調査範囲を広げます。
見聞(聞は無いかな)が広がると良いな。


今回、歩いて分かったこと。
当たり前のことかもしれませんが
僕は時間をかけないとわかりませんでした。

家賃が倍になったら困る。
そうなったら働く(勤労)しかない。
それは多分、「働かざるを得ない」状況。
生きていくためにそれしか方法がなければ自ずと働く。

なるほど。

家族ができたら同じようなことを考えるのかもしれませんが、
さっぱり現実感がありませんでした。
家賃なら現実的です。

なるほどなるほど。



posted by C.C.C3 at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

分析 x 解説 x mandatory

1日1万歩歩くと良いと昔良く聞いた。
もはや歩くだけでもきつくなってきた。
これはまずい。

10時間運転する日は難しいかもしれないが
それ以外はせめて歩くと決めた。

ついでに他にも生活に制約を設けることにした。

0.1日1万歩
1.午前中に起きる
2.チョッチュ寝しない
3.野菜ジュース→サラダ
4.陽(ぉーこの漢字)がある間は有益な活動する

うーむ、、
こんなとこにたどり着くのに何十年かかってんだ・・・

じーちゃんが後10年長生きしてくれたらと思わずにいられない。
おやじは僕らを学校に行かせるのに頑張ってくれましたが、
少なくとも僕を人間的に成長させることができませんでした。
(弟は僕を反面教師にマシな大人になったかもしれませんが知りません)

平和と豊かさを享受する自由はあっても
それだけだとどうもうまくいかないのですね。

こんな厳しい生活が続くのか不安です。




posted by C.C.C3 at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

平時に戻すには

週明け、現場仕事から晴れて解放。
という気分で金曜日の取引に臨んだ。

1日で取り返せるわけは無いにしても
派手なインパクト与えるようなことは何もできない。

現場行ってる間は半分の半分くらいに抑えてた感覚。
4月末に資金移動したけど
夜用の口座はそんなに大きく動かしたわけじゃない(他に比べれば)。

取引の規模を縮小すると実に心地よかった。
現場が困難だったこともあって
市場取引の心地よさは身にしみた。

現場の困難さが取り除かれたから
もっと市場では積極的に振る舞って良いはず。

それができないことが分かった。
直面しないと実感できなかった。
やっても良いはずだがそう簡単ではなかった。

そもそもチャンスが限られる。
そして、
どうやら心理的抵抗がある。
間違いなく後ろ盾がなくなったことに原因の一端がある(自分でもよくわからない)。
不安、、いや心配、、

ほんのここ数年の間で似たようなことを感じた。

当時は最終的に日常生活がスカスカすぎて耐えれなくなった。
今はもう少しマシと思う。
仮にスカスカだとしたら 考えて行動するだろう。どうしたらよいかと。

スカスカじゃないものは
何かしら容易ではない要素があることも学んだ。
困難だからこそ楽しい。

そして、、
実はこのこたえにはたどり着きたくなかったが、
そもそも勤労というのがスカスカを埋めて充実・楽しさ・幸せを産み出す
一つの解だということを学んだ。

今回はどうだろうなぁ。。

ま、とりあえずは涼しい場所に行くの楽しみにしよう。








posted by C.C.C3 at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お母さまとヤンキー

スーパー言ったらちっこい子供が居ました。

子供:『おかあさま、お家帰りたいです』


まぢか、、
お母さまって日常生活で使うことあるのか・・・
(僕は以前 姫系の三人称を使っていましたが、現実では○○選手と呼んでました)

スーパー直接来てる風情がどんな教育してるのかと思ったら
案外普通のおかーさんでした。

むーー、、
庶民派なのにお母さまって呼ばせるなんて…


そんなことがあった後、
歩いてたら子供が荷台(というか子供用の後ろに乗るとこ)に載せられてるのをみかけました。
積まれてる子供が携帯いじってることに気がついて愕然としました。

余裕の両手持ち。
載せられるとこに座ってるだけです。

せめて片手にしたらどうかと思ったのですが
自転車の荷台で携帯構うこと自体どうなんだと思います。
持たせる親がどうかしてる。


更にその後(今日はたまたま遠回りした)、
どう考えても排気音がイキガッてるバイクが通り過ぎました。
どう見てもヤンキーが二人乗りです。

無駄なヤンキーと言えば
余裕があるときだけ片手で運転して
ちゃっかり交差点は両手で曲がります。
両手になるときにはさも面倒くさそうにするのを見てしまうとしばらく恥ずかしさに鳥肌が消えません。
(せめて交差点も片手で曲がれるように誰も見てない所で練習すればいーのに)

今日は両手で運転していて安心しましたが、
後ろのヤンキーが気になりました。

あれ??
なんで片手捕まってんだっけ???


バイクのニケツはせめて膝かももに手をおく程度では??

ベトナム行った時、
良く笑われたり聞かれました。

『絶対落ちないのに。そんなとこ掴んだら余計危ない』


まー、危うく落ちそうになるんですが、
それは子供の頃から乗り慣れていないから。

10歳だか20歳頃にやっと乗り始めたようなボンボンには慣れない不安定な場所なんです。


あ、、
ヤンキーも一緒か。

ちょっと気づいてしまい鳥肌が立ちましたが、
日本では片手を話してるくらいでイキガッてる感じなのかもしれません。

それにひきかえちょっと前にすれ違った子供。
やっぱそんな若い頃から荷台で携帯いじるのに慣れてほしくありません。

ニケツの後ろで携帯いじってるヤンキーがいたら
相当イカれてると思います。
こっちは日本では見たことないので案外すげーって思うかもしれませんが、
できればやめて欲しいですね。。





posted by C.C.C3 at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

1年やそこらで慌てても仕方ない





vlcsnap-2016-07-29-21h54m16s641.jpg

相手は年金なんだから単年度の損失を「追求」というのはどうだろう。
運用ポリシー決めるのは政府と言えるから
大きな損失に即座に反応して反省するのは良いと思う。

ただなぁ。。
この程度で「どうなる」なんて言うか??
マスコミが煽るから世の中どんどん悪くなるんじゃないかと心配。

よく分かってない政治家が調子にのって好き勝手言うのが困る。

(すごいざっくり言うと)日本人は貯金以外はギャンブルだと思ってるわけなんだから
その辺を噛み砕く努力をしなきゃ。
ただ現状を批判すればいーってもんじゃない。

野党が信頼されないのはその辺の拙さに尽きる。


posted by C.C.C3 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

距離をつくっているのは君の方だ



アクセル・ワールド、1−2話。
すごく良いと思います。


vlcsnap-2016-07-27-00h55m47s035.jpg

『同じ空気を吸っている人間なんだ
距離をつくっているのは君の方だ』

vlcsnap-2016-07-27-00h55m56s359.jpg


『このたかが仮想の2mが
君にはそんなに遠いのか』


今見てもやっぱりまだ遠いって思うかな。。

手を差し伸べられても
相手が半分歩み寄ってくれても。


posted by C.C.C3 at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

広島に行かない

広島に行って、北海道にも行くという贅沢。

どちらも行きたいけど
どっちか片方だけだったら
どっちが自分のためだろうと。

答えは北海道。

選択肢全てを経験するなんて
ある程度はできるかもしれないけど
死ぬまで続けれない。

きちんと選ばなければ。
出来もしないのに
すごくわがままになってしまう。

ということで
宿、電車、車をキャンセル。
不思議なものでほとんど北海道と同じ費用。
体力回復のための調度良い期間を確保できる。
決める前からこうなることを予測したみたい。

当たり前で尊いものと思っていた。
実際その通りなのだろうけど。
当たり前も
尊いものもことも
もっとたくさんあって
自由に選べることを意識して良さそう。

今回は他にも「北海道にも行かない」という選択肢がある。
けど行く。
果たしたい用があるから。

これは自由を得る道。



posted by C.C.C3 at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

ということで北海道一周

20年後しの用件。
釧路日帰りのつもりでしたが、
すごいコスパ悪いです。

なので
思い切って北海道一周することにしました。
(どうやってそんな飛躍したのかもう思い出せません)


釧路は高いのでLCCでHND↔CTSにしました。
釧路片道の値段で千歳なら往復できます。
浮いた2万円くらいをニコニコレンタカーに充てると5日くらい車が借りれます。
ガソリン代は我慢して、その上であと少しだして1週間のプラン。

道の駅で車中泊、
時々ホテルに泊まろうというつもりでしたが、
結局1日500kmくらいで計画をたてて毎日宿をとることにしました。


で、、
案外詳しく2時間単位くらいの行程表が完成し
宿の予約も済みました。

一周するかと思ったら
・小樽は泊まるべき宿がみつからない
・函館はこないだ行った
・室蘭もざっくり去年行った
ということで本州に近い側はパスすることにして、
代わりに旭川とか夕張にちらっと立ち寄ることに。

結果、こんな感じの一週間。
千歳→えりも→釧路→阿寒→根室→羅臼→網走→稚内→留萌→旭川→夕張→石狩→札幌→千歳

これができたら八十八ヶ所も少しずつチャレンジしよう。


posted by C.C.C3 at 00:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活/旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

釧路

用事を思い出した。
日程調整中。
posted by C.C.C3 at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

休暇

契約期間がもう少しあるので
正確にはまだ先の話ですが、
もうすぐ休暇です。

例年、この時期は早慶戦明けの下田には行きません
(今年は喉風邪が治らず行けませんでした)が、
来週はどんな様子か見学したいと思っています。

その先はどうかというと、
7月29日からインターハイが広島であります。
決勝行けたらどうしよう??というのが誰しもがもつ心配でしたが、ワタクシ、その心配から解放されました。
準決勝パスしたら一回実家帰って魚食って充電してから決勝戦に臨みます。

さて、その後はどうしようか??

最近、ベランダにウッドデッキみたいなラグを敷いて、
ハンモックみたいになるぐったりチェアを置きました。
寝そべるとバルコニーの柵で完全に周りから目隠しになって空全体がプライベートになります。
お気に入りはひょっこり六本木ヒルズのライトアップを眺めながら音楽流すのです。

昼間は氷川神社まで散歩に行けばきばらしになります。

こないだは夜、「ちょっと海まで」と思ってお台場に行けてしまいました。
ガソリン代込で600円しかかりませんでした。
夜の買い出しの後は、暗闇坂がなかなかよいです。
ダイエーからだと上り、ピーコックからだと下りです。

以前は休みというと旅、
旅をするために休み。
LCCのキャンペーンに合わせて旅、
といった具合でした。

これが全く不要になりました。

大掛かりな移動を伴う応援活動をする前も
おしなべると年4,5回は旅をしていたものです。
1回10万円、年50万円くらい。
応援活動してた時は節約しても到底年50万円じゃおさまりませんでした。
どちらも行きたくて仕方ない、、と思っていました。

これが全くそうではなくなりました。

いやはや、インターハイや国体に行きたいと思わないというわけではありません。
ただ、以前のように「よーし、行かなきゃ!」みたいな切迫感のようなものは失せました。

今は
「タイミング合ったら行く」
みたいな感じです。

国内でもまだまだ行ってみたい所があるのは確かですが
なんか「それほどすごく行きたいわけじゃない」と言うことに気が付きました。
以前なら「なぜ、オレ様に旅をさせん!」と誰にでもなく怒ってるところです。

「十番でゆっくりできれば十分」

ここ(十番)、
そんなにゆったりしたとこでもないし
ゆっくりする人もいないと思うんですけどね。。

僕はもうしばらくここに居たいと思います。
神戸にも相模原にも居たいと思いながらそんなに長く居なかったから先のことはわかりません。

もっかい立川とか帰ったら家賃安くて幸せ感じるかもしれませんね。
それこそ10万円生活の夢が叶うかもしれません。

いや、夢の前に朝起きて夜寝る生物としての当たり前の生き方できる必要ありますか・・・









posted by C.C.C3 at 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外生活/旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

ご報告

ご報告遅れました。

今の職場から離れれることになりました。

昨年から「not雇い止め」に苦しんでおりました。
ちなみに昨年は結局強引に辞めました。

今年はもう少し平和裏に解決できました。

一番は工程通りに進んで
予定成果物と共に離籍することなんでしょうけど。
今回はこれまで20年近くの経験の中で
初めてというほど難しい工程でした。

良い経験させてもらえましたが、
もー二度と同じ経験したくありません!

ということでしばらく休暇の予定です。


posted by C.C.C3 at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

FLOWER DANCE

やべー


明け方のフロアもかなり良いと思う


posted by C.C.C3 at 05:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛・幸せ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

都知事選の大注目

有力候補と言われる人の中で
群を抜いてわけわからないことを言ってます。

これはひどい。
心にしみるひどさだったので
逆に紹介します。


vlcsnap-2016-07-14-23h03m30s352.jpg

具体性の無さに唖然。



vlcsnap-2016-07-14-23h03m41s928.jpg

意味の分からない発言。



vlcsnap-2016-07-14-23h04m07s037.jpg

既に十分負担が必要だということがわかっています。
絵空事。

発言自体はもっと長いはず。
意図せずわけわからなく伝えられてるのだとすると
別の意味で困った話。

報道を鵜呑みにするのも
裏を取るのも
どちらも自由です。






posted by C.C.C3 at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

喉を悪くして1週間(その2

ビジネスに目を向けます。

今度は僕にポジティブな反応しない人はほとんどいません。
少なくとも僕が進出可能なマーケットでは僕に大して相当ポジティブです。

しかし、声が全くでなくなって
さっぱり役立たずになってから変化がありました。

皆、とりあえず優しくなってました。
全然現場来ないし、
来ても全くリアクション示さない奴を労る様子を全体から感じました。

てっきりお払い箱なのかと。
(いや、回復した後、何要求されるのかと訝しんでいる)

コンビニ言ったら
「大丈夫ですか?」と。
コンビニの店員に人間性のある言葉をかけられたのは初めてなので
これはちょっと驚きました。

プライベートでは居るだけで悪なのに
ビジネスでは
意識してそのように実際振る舞ったとしてさえ
悪に染まりきれないことがわかりました。

最近、すごく荒んでましたが、
それは自分の中だけの話で、
僕の中身以外は僕の中身と関係なく平和な時間が流れていました。

何かがあって
それが良いも悪いも自分が決めること。
どう感じるか、
どう扱うか、反応するか、、
それは自分次第でしかないということ。

なんでこんなに違ってしまったのか、、

今日などは呆然とした。

健康になったら
考える時間が必要だ。

まー同じ現場で1年になるし、
契約を切ってもいーかもしれん。


posted by C.C.C3 at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喉を悪くして1週間(その1)

全然治りません。
現場にいってもコミュニケーションに支障をきたすので自粛していました。

熱があるわけでもないし、
特段の病気でもないのに平日穴をあけるのは申し訳ないと
本日は出社してみました。

が、結果的にはすごい気を使われてしまい
いたたまれず早退しました。

一生懸命何かしてると良い流れがうまれる可能性が高くなります。
私の場合、サッカーでそうした流れを経験しました。
従業員として昼間の時間をつかうことも
一生懸命でさえあれば支持を受ける可能性は非常に高いです。

ただ、そうでない勢力も無視できないほどあります。

サッカーについてはもはや口にするのが面倒です。
どちらかというと私の活動を支持する人はごく少数で
一般的には理解を得るのが難しいようだと気づかされました。

ただ応援するだけなんですが
それは日本では「難しいこと」の一種であるというのが
素人の感想です。

故、「応援させていただくチャンスを得てありがたい」というのは
歳を重ねるにつれて至極真っ当な感謝の言葉として口から出てきます。

もちろんそんなこと言わなくてもよい場面もありますが、
これはすごくレアケースです。

まーそっちょくに言って僕みたいなのは
どんなに志があっても応援なんぞしない方が身のためです。
それくらい思うのにどうして続けているかというと
世の中そんなに単純じゃないからです。

多くの冷ややかな人に混じって
時折
きちんと見てる人がいること
それは素晴らしいといってくれる人がいること
掛け値なしの感謝があること

3番目のは本質的に僕には不要ですが
どれもすごく背中を支えてくれます。

応援というのは背中を押すものだそうです、
その応援者は実は誰かに背中を押されています。
Face to face, back to backの素晴らしい循環が生まれることをこの世界でほぼ一番最初に経験しました。
僅かながらもそれは今でも存在していて
それが単に「嫌になったからヤメよう」という話ではない複雑さの一番の原因です。

(続く)


posted by C.C.C3 at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

早慶戦が素晴らしかった

4年前、素人心に思ってた4年後というのはこんな。

・大活躍
・大シュート
・勝利
・笑顔

実際はすごく違った。
なんとも素晴らしい。ポジティブな違いだと分かった。

4年前に思った4年後がなんだったかというと、
全く信じられないほど脳天気だったということ。
きっとあしたには世の中が良くなると信じていた。

現実は厳しくてさくさく勝てるわけではない。
大シュートは毎試合決まらない
勝ちに拘りたかった気持ちを口にしたことがあって言い終わって不思議な感覚を覚えた。
どこか違うとこに向かって歩いてるような。
違和感はこだわりのポイントが自分の中で変わってたこと。
勝負ではなくてその経過。
成長の過程こそ追い求めたいものと気づいていた。

個々集まってチームがあって
チームを成長させる観点に軸足を置くとする
そもそも時間が限られた中で個はどう振る舞うかというと。。。

活躍の形は4年前に思ってたのとずいぶん違った。
背中に託す、
未来につなげるってことを意識しなければならない。

いぶし銀なんて言葉はこういう中での鍛錬でうまれるものと思った。

今日の試合はこんなところが良かった。

1.失点後に真っ先にセンターサークルに向かう
2.遠くからでも必要あればピンチに駆けつける(全力で)
3.鼓舞する
4.自分でもゴールを狙う(多分、今までよりも厳しい条件)

僕が気づいたことは間違いかもしれない。
僕が勝手にそう合って欲しいと思ってるだけかもしれない。

あまりに高度過ぎて
僕のような素人にはそれがどう全体に影響したのか理解できない。

でも今日の試合は良かった。
勝ったと言って良いくらい手応えがあった。
こないだまるで良い所がないと思ったのとまるで違う。
現実的にはありえない表現だけど「ほとんど勝って」た。

例えば去年、逃げ切りを狙った感があったのとは全然違う。
完全に勝ちに行く展開だった。

負けたのが悔しかったこと
悔しくて負けを認めたくなかったこと
そこに後から理由を付け足すこと。
こんなことは過去に何度かあった。

そしてどれも負ける試合の負ける直前には負ける感覚があった。

今日は違う。
サッカーの試合を観て初めて違った。
負けても負けたと思わなかったし、
負けてなかったし、
もう少しいうとおかしな話だが
勝ち負けを越えてた。

集大成というのはこういうものか。

僕の能力では十分に受け止めきれてないかも知れない。
あてはめるべき適切で十分な言葉も思いつかない。
誤解を怖れずに言えば、

素晴らしかった。

4年間に感謝!








posted by C.C.C3 at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

病の峠感

ダウンタウンで「今夜が山だ」さんが居ました。
(今もいるかどうか知りません)

4月くらいから急激に仕事が下降線をたどって
体力的にも精神的にも蝕まれていました。
幸いピークは越えました。
但し、健康状態は既に僕の意識の制御下にはなくなってしまいました。

まーもともと健康的とはいえない生活してたので
がた来てた所にダメ押しくらっただけなんですが、、

オレ様にダメ押しをくれるなぞなにごとか!
一昨日の300億年前にきやがれ!!
という類の怒りと混ざっています。

で、
ここ数日の気候の変化。
完全に体調崩してしまいました。

健康的・非健康的を問わず
気力が充実してれば体調崩すことなんてありません。
これは一重に糞現場のせー(だと思うのは自分自信ですが、一先ず一方的に原因を押し付け)。

冒頭の山田さんの峠はどこだかわかりませんが、
峠を越えたとこはだいたいわかります。

僕の場合、
1.すごい汗をかく
2.胃がめくれて喉から出てくるかと思うほど吐く
このどれかです。

1は安全ですが
2は寝ゲロスタートの場合もあるので要注意です。
今はまだネゲロでも復活できますが
20年後、30年後は体力不足で死亡するかもしれません。
できればネゲロで死にたくない・・・

ということで2が疑われる場合には(なんとなく最近わかるようになってきた)、
寝る前に呼吸の練習をします。

僕の場合、
1.まず息を吸う

これにつきます。
ネゲロが怖い場合
息を吸う練習をしてから寝ます。

これで万一ネゲロってしまって軌道が塞がれた場合でも
当座を凌いで復活の兆し(咳をするチャンス)をつかめます。


明日はなんとか動けるようになってほしいです。


posted by C.C.C3 at 20:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

セーラームーン3期

無事に完結(まだ終わってないけど)。

サターンが転生した件は最高に感動した。
10年や20年じゃ感動は失せない。
みちるが一番に飛び出して取り上げるところも泣かせる。

そして、はるかと一緒に育てる(「きゃーー」)のではなく
せつなも一緒で3人という話になって
「まぢすか??」と一挙に動揺に至るところも
20年前と全く変わらない感覚。

次のリバイバルでこそこの感覚変わってなきゃ
人生50年で一歩も成長してないことになる。
(一方で変わらない自分の本質を確認できて嬉しかった)

今期の区切りは一の橋公園。
想い出の公園だ。
しばらく前から水運工事で作業場にされてて
終わったら公園に戻るんだろうか。

そういえばセーラームーン展も無事に終わった。

いつも賑やかだけど
その中で地味に暮らしたい。







posted by C.C.C3 at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レッズユース戦

いやー行ってよかった!

リオが見事にフリーになって落ち着いて決めました。

勝ちがなかったので一対一でも不安が過ぎったところです。それだけによかった。

ベンチ側の客は飛び上がって喜んでました。それどころかピッチに駆け込む興奮ぶり。私も腰をあげるほど嬉しかったです。

後半に入ると美月が前に走り込むのを久しぶりの心地で見ました。すごいざっくりいうと、美月が元気に攻めてるの見れれば満足なわけなんです。攻める美月は大変良いと思います。

会場にはたかまるさんがいました。メニーナから来てる選手を応援に来られたそうです。さすがです。私も応援に来たはずなんですが、見習うべきもの大ありだなと思いました。




  • 20160702192125454.jpg
posted by C.C.C3 at 19:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

the Commodity Exchange Act

eligible contract participant.

1a(18) .



posted by C.C.C3 at 00:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする