2016年11月30日

現場の人がやけに険しい

いろいろあって現場に絶望しているらしい。

不幸をアピールする人は
周りも不幸にすることを自覚してない
ことが多い

周りも不幸な人が不幸そうにしてるのを
当たり前だと思ってる節があり
タチが悪い

中から変えるには
充分元気である必要がある

MP勝負
宿屋で簡単に回復できたらいいのにね
posted by みかづき at 00:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

家賃忘れそうに

あぶない。
忘れるとこだった。

営業の会社が変わったので
銀行も変わり、
馴染みだった口座がほとんど家賃引き落とし専用に。

都合、
残高ギリギリにしてしまいます。

やーー、
ギリギリっす笑
posted by みかづき at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見直し

拠出限度は68000円です。
なんか全部預金でいんじゃないかと思えてきました。
考えるだけ無駄というか。

最近、公務員や企業年金がある会社員も401kを使えるようになったそうです。
掛け金の上限が月1万円ちょっとだったりします。
年10万円ほど積立増やして一体何の面白みがあるんだろうって不思議に思います。

それでも100万人母数が増えたら1000億円位の単位で
金融市場にお金を流せます。
税収は100億円単位で減りますが、
直接900億円税金投入するよりよっぽど効率良いです。

方向性はわかりますが、
金融機関はほぼ何もせず10億円くらいずつ収入が増えます。
これってどうなんでしょう。

だったらインフレ率を日銀みたいに気長に眺めて
そろそろいっかなと思うまでは預金でよいのではないかと。

ただ僕は、自分が発行した債券を自分で買い取るようなことした後、
何事もなく平和に時間が流れるなんて都合良いことはないと思います。
きっとどこかで預金じゃだめになると信じてます。

でも今じゃないなと。

現物株の高い安いは別の場所でやる話じゃないかって。

だとしたら
401kの真のメリットは、所得控除での僅かな税負担軽減。
そのメリットを最大限教授するには、
維持費が安い金融機関(SBI/楽天/スルガ銀行)で預金しとくことに思えました。

真もメリットもあくまで僕の場合です。

401kと言えば、アメリカでネットバブルの頃の話をよく聞きました。
曰く、「気がついたら働く必要が無くなった」。
僕もそういうもんだというイメージをずっともってました。
だから増えてほしいと願うことはきっと多くの人にとって正解なんだと思います。

ただ、日本ではちょっと事情が違うと思い知らされます。
企業は株主に利益を渡したくないし、
金融機関は利用者に不利益を与えてさえ手数料を取る。
その企業と金融機関から賄賂を受け取ってる(失礼、賄賂じゃないかもしれません)役人は
彼らに最大の利便を提供します。

自分が健康な僅かな間に
都合よく経済がバランス良く発展すると考えるのはちょっと都合が良いと思います。
たかだか50年くらいで長期投資と言えるかどうか。
世界中の人とは言わないまでも、
あぁ、神さま善良なたった5000万の日本人だけでもお救い下さいという話になったとしてさえ、
その5000万人の内の100人に1人すら株価指数に及ばない成績しかあげれないに違いありません。

ちょっと言い過ぎましたか。

日本人はおとなしいし、
未だ経済的に充分余裕があるので、
世界中からカモにされてもまだだまっています。

僕の言い方は正しい部分もあるし、
そうではない所もたくさんあるかもしれません。

ま、でも、それならそうで、
開き直って「よくわからないから税金安くなるだけでいーよ」って人が
たくさんいるのが寧ろ自然で健全な姿に思えてきました。

最初からそう思ってた人もたくさんいるはずで、
「今頃そんなことに気づいたの?」って言われそうです。
そう言われるとちょっと悔しいかな。

多少の上振れじゃなくて、
本格的に物価が上がるにはもう少し時間がかかるように思います。
そうなる前に(「前」なんて誰もいつだか分からないのがポイント)、
多少逆張り的な発想で増し玉しとくのがいんだろうなぁ、、とも思います。

今はパッとしなくても
手数料安いの選ぶのが大事ですね。








posted by みかづき at 01:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 401k | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

年末調整の還付金

大前提。
国家運営のために源泉徴収は素晴らしい仕組み。

だけど、素人には複雑な仕組みの割には
普通に生活してるだけなのに還付金が多い。

日額表は月額表使うよりずっと精算額が多くなる。
日額表使う人はばっくれが多いんだろう。。

サラリーマンは特別な環境にない限り
会社の金庫にいくら入ってるか知らない。
自分がどれだけ還付されるかも知らない。
実に驚くべきこと。

最近、副業やフリーランスを促進するような活動がある。
きっと自分に目を向ける人が多くなると思う。

知らないのは幸せなことで
僕もサラリーマン時代は
「どれくらい返ってくるか?」と少し楽しみにしてた。
実に馬鹿馬鹿しい・・

今は隠れ家の金庫の場所も
その中にいくらあるかも知ってる。
国庫に納めるかもしれない金額も。

控除制度の変更は一大事だから年末に至るまでに詳細を熟知しているのは当たり前。
僕は役員だから自分の報酬額を通常は年に一度しかコントロールできない(年に1度は確実にコントロールする)。
つまり、還付金がいくらになるかほぼ完全に把握してる。
だから、還付金が晴れて自分のものになると知ってもあまりうれしくない。

フリーランスや副業が一般的になると
国の収入は減るだろうし、
年末調整が経済を刺激することもなくなるだろうって簡単に想像できる。
それでもやっぱりずっとサラリーマンの人もいるんだろうな。

僕がこれまで信じてた以上に
意欲だけに満ち溢れてる人は少なくて、
明日が今日と同じであることに積極的な情熱を注ぐ人が多い。
そんな人達がいることだけは分かってきた。

「税金戻ってきて嬉しい」って言う人が多少いたほうがかわいいのかも。
「これだからサラリーマンは・・」ってちょっと上から言える状態が温存されて欲しいのかも。



posted by みかづき at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メッツ > ペプシ


メッツはカフェイン(100mlあたり)48mg



こっちは25mg

メッツは昼の方がよさそう


ものによっちゃ、
「測定してないから不明」みたいなこと書いてあるんだけど
ちょっと不親切かな。

せめて
「多分、大して入ってないから測定してません」って補足が欲しい
「大して」ってどんくらいって聞きたいけど

posted by みかづき at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

方向性

昨日書いた木氏の話。
すごく怖いです。
JAほどじゃありませんが、
オレもなかなかだなと。。

さて、こうなると自分の本質が見えてきます。
結局のとこ、
人生は消費、
テーマは節約だと思います。
(飛躍してて人様にはなんのことやらという話かも)

会社つくったら扱うお金が別れるので
結局良いのか悪いのかわかりづらくなります。
そもそも個人と会社は別ものなので
前後を比較できることがおかしいと言えますから
分からないのは当たり前。

でもお金はお金。
数字を書き込むファイルが違うだけのことです。

僕の管轄の税金は安くなりました。
金額は伏せるとして
7割引くらいです。

社会保険料がすごく増えました。
支出の3割になります。
これは税金が減ったことに関連しているので、
妥当性を感じています。

次年度から数年かけて社会保険料を減らしつつ
税金も減らせないかチャレンジします。

生活費では住居費は最大の固定費に躍り出ました。
比較しづらいですが5倍〜10倍くらいに増えました。
それでも今の部屋はすごく割安だと感じています。
実に住みよいです。
この代わりを見つけることを今のところ考えてません。
見つけるのは難しいと思います。

十番も3年目。
生活費は安定して高くなりました。

食費は月6万円くらいが定着してます。
立川では3万円だったので倍です。

旅費は去年が60万円ほど。
今年はわずか20万円ちょい。
サッカー関連ではちょっとさみしく思います。
旅そのものにはあまり興味がなくなりました。
これは十番住んでる効果だと思います(焼け石に水)。

旅をしなかったらほんと何も無いんだと気付かされます。
イベント引退したので休日は時間ができました。
だったら旅に行けばよいのに今度は興味がなくなるという。。

我ながらタイミングあってません。

ゆとりよりも
制約があったほうが楽しいはず。
意欲があったほうが楽しめるはず。

大して興味もてなくなったのは
健康と関係があるかもしれません。
昔みたいにべらぼーに元気だった頃なら
時間を惜しんで旅にでかける気力があったことでしょう。

星みたいに輝く行き先を見失ったこともあるかもしれません。
もしくはこないだ見てた星が明るすぎたとか。

ともかくいろんなことが合わさって現在の状態になっていそうです。

多分、子育てするなら今みたいな状態がベストなんじゃないかと思います。
ただ、意欲的に何かやってる時に比べてすごい魅力的じゃなくなったよなーとも思います。
こないだまではそれを多少は補える物があると思ってましたが、
そういうのがなくなってみると何と自分が意味ない存在なのかと気づきます。

大口叩ける内に家族持つのが一番ですね。
さすがに先達のアドバイスは適切です。
但し、アドバイスきくべきタイミングでは何も心に響きませんでした(すみません)。

ということで、
ここでも導き出される大事な結論の一つは
健康のようです。

何するにもそこからです。






posted by みかづき at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農協って怖い…

ガイアの夜明けがすごくホンネに迫ってました。
素晴らしいです。

何でバターは毎年品薄なのかという話題。


vlcsnap-2016-11-23-02h50m06s574.jpg
出てきたのはホクレンの人。


vlcsnap-2016-11-23-02h50m15s834.jpg
vlcsnap-2016-11-23-02h50m39s382.jpg
vlcsnap-2016-11-23-02h50m45s505.jpg



ぉいぉい。
たしかにその通りですが、業界団体の人がこんなこと当たり前のように発言するなんておかしいですよね?
すごく感覚がずれてるというか
完全に麻痺しているなと思いました。
(これで政治家みたいにホンネいわなくなったら手におえません)


vlcsnap-2016-11-23-02h51m06s178.jpg
vlcsnap-2016-11-23-02h51m13s985.jpg

いやいや、、
さっきまでの発言聞いた後で「そういうことではない」とか言っても意味ないですって。

日本の農業を牛耳ってる団体が
こういう態度ってすごく恐ろしいです。

政治家が「農家を守る」「農業を守る」といいますが、
それってどういうことなの?
って掘り下げてよく話を聞くことが
国民にはすごく大事なことだと思いました。

そうでなけりゃ、
むしろ
食料の安全保障は民間に移譲とか、
更に過激に「農業禁止」
くらいの政策を選択するのと変わらないくらい危険だと思います。

農協怖いです…。


そして、番組では更に恐怖をかきたてることが。


vlcsnap-2016-11-23-02h52m38s542.jpg
vlcsnap-2016-11-23-02h52m44s257.jpg
vlcsnap-2016-11-23-02h52m52s824.jpg

農協から民間業者に出荷先変える相談をしたら
餌の値上げすると脅されています。

番組でも紹介されてますが、
餌は農家が出資する株式会社から購入するのだそうです。
(と、聞いたら農協が値上げを指示してるのは変だなって思います)


vlcsnap-2016-11-23-02h52m58s925.jpg
だけどこの一言。

あ、、
この人達、
資本主義の世界で生きて無いんだ・・・

思想が違う文化に接した時の不気味さを感じました。

「田舎でのんびりくらしたい(実際には農業は暇じゃありません)」って思っても
主義主張が違う人と一緒に生きていくのは容易じゃないと思います。
(僕はイヤです)


vlcsnap-2016-11-23-02h53m24s797.jpg
vlcsnap-2016-11-23-02h53m28s487.jpg
vlcsnap-2016-11-23-02h53m33s873.jpg
vlcsnap-2016-11-23-02h53m39s016.jpg
vlcsnap-2016-11-23-02h53m44s168.jpg
緑字は農協の人の発言です。

またでました「そういうふうには言っていない」。

そんなつもりじゃなくても、
マフィアに「ちょっと金かしてくれ」って言われたら=脅しなのと一緒です。


全部の農協がこうだとは思いませんが、
概ねこんな空気感なんでしょうか?

例えば「米」とかって
日本人なら国産へのこだわりが少なからずあるんじゃないかと思いますが、
こんなんならリフォルニアであきたこまちつくってくれればいーよって思います。
(こんなんなら、、です)

昔は良い仕組みだったのでしょうけど、
農家に選択肢を用意した方がいんじゃないかって
強く思う内容でした。

すごく良い番組だと思いました
(10年前の僕なら間違いなく抗議の電話してます笑)







posted by みかづき at 03:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木氏のこと

木氏はその昔、人だった
1人で生きて、1人で死んだ

木氏は永く生きて林氏と森氏になった
1人は全員で
全員と1人は同じ意味だ

人氏は1人だ
森氏だと盛んに言うが
実は1人だ

人氏は別の人氏の隣に1人で生きて
1人で死んでいく

木氏はしゃべらない
自分が皆だ
皆も自分だ
木氏は森氏だからしゃべらなくていい

人氏は木氏の声がきこえない
人氏は木氏がしゃべると思っている
木氏はしゃべらないのに

人氏はいつか人々氏になるだろうか
人々氏になりたいだろうか
ほんとうに人々氏になりたいだろうか

人氏はそれでも1人
人々氏にあこがれて1人で死んでいく

posted by みかづき at 02:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

ちょっと早めに振返り→体重+積極的健康

現実の厳しさを痛感しています。
私が厳しいだけならともかく
周囲に迷惑をかけることがあると考えるとふさぎ込みたくなります。

これではいけないので
年末には早いですが
今年の目標を振り返ります。

忘れないようにブログの頭に掲げてあります。
効果あるかと思いましたが、そうでもありませんでした。
私以外の人は普段目にするかもしれませんが、
私はブログのトップページを観ないからです。

今年の目標。
1.消費と摂取のバランス
2.毎朝、良い朝と言う

うーん、、
すっかり忘れていました。

消費・摂取というのはカロリーとお金のことです。
これまでの所、夏前にすごくストレスがかかって、
その影響で体重がずいぶん増えました。

今、「大変困った」と思っています。
結局、カロリー記録するアプリと活動量計のお世話になって、
なんとかバランスを保とうとしています。
年初に比べて良くなったとは言えません。
ただ、悪化のおかげで意識付けが強くなりました。

やっぱり、体重目標があったほうが良いかもしれません。
年末に向けて努力を継続します。

経済面では4月以降すごく苦労しました。
これまた現実を知るきっかけとなりました。

当初は第三の人生と言ってましたが、
そこまでの気力はなくなりました。
でも、
もう一度自信を取り戻すチャンスがあると信じています。
継続する価値があります。


朝については、
昨日の今日で「良い朝だ」とはいえませんでした。

それでも
「何とか次の朝が来た」なって思いました。

せっかく、振り返ったので、
明日からは意識して口に出します。


全体的に去年末と比べると、
「テンション下がった」なと感じます。

下がるきっかけは職場環境でしょうか。
自分にプラスにならない場所、
自分がプラスに受け取れない環境は
積極的に回避した方が良いのかもしれません。

完遂よりも回避という感じでしょうか。

まー今年の場合は
急激に負荷が高まったような面もあるので、
耐性を高める努力を怠らないことが大事なのでしょう。

ということはつまり
健康ですね。

厳しさを今年はたくさん思い出しました。
つまり忍耐というか心の筋力が低下していたのかもしれません。

旗もあんまり降らないし
遠征にも行かなくなったので
体力もすごく落ちてるのかもしれません。

来年は体重という数値目標と
積極的な健康をテーマに加えたいです。

ここまで自分で結論出せてりゃ、まだ大丈夫だなと少し安心。



posted by みかづき at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

DAYSを観て現実が続いてると思い知らされる

現実、、
厳しい。

否が応にも現実に引き戻され
確定申告の準備。

個人の決算書と損益計算書の数字を合わせた。

数字は良い。
それ自体は常に本質だし
嘘も悪もない。

それに比べて人は辛いなぁ…

悪意が無くても
良心しか無かったとしても
辛いなぁ…

posted by みかづき at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっぱり記録

きちんと書いておきます。

増設した客席の2列目は空きがちですが、
今日はぎりぎりでした。
もはや早めにいかないと良い場所でみれないのが当たり前になっています。

試合は全体的に乗れてたんだろうか??と思うくらいの印象です。
良い波もありましたが、
全体をとおしてみると押されたりさくっと攻められたりする場面が多かったように思います。

それだけにチャンスはすごく盛り上がります。
盛り上がるだけじゃなくて、
かなり良い盛り上がり方だったと思います。
ピッチもすごくぎりぎりでそれい客席がついていくような良い感じでした。

増設の客席では
全員が一斉に前のめりになって
直後に背もたれに背中をうずめるような一体感でした。
得点直後の立ち上がり感もみんな同じでした。
斜めからぶつぶつ言う人もいなくてとても良い雰囲気でした。
(僕がどうこう言える立場ではありませんが、久しぶりにすごく居心地が良い客席でした)

残念ながら勝ちはなりませんでしたが、
試合時間残り5分でも勝てるかもしれないと思えました。

実際には勝てず引き分け。
価値ある引き分けでしたが、
それはインカレに行けないことの証明でもあり、
すごく残念でした。
選手もすごく残念だったと思います。

こんなとき多少はねぎらえたらよいのですが
無力、、というか居ないほうがマシだと思いました。

私が見れるのはあと1試合だけです。
チームと選手が新しい目標に向かう姿が垣間見れると良いです。







posted by みかづき at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私にも節目

今日は残念でありました。

私にとっても節目になる
大事な1日でしたが、
試合とは別に残念でありました。

(以下自粛)

posted by みかづき at 15:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とうとう最終節…

なんとも言えない。
いや、来てほしくなかった。

来てほしくないと思いたくなかったけど、
やっぱ、もう少し先がいーって思うんだなーと。

ともかくいつもと変わらず試合を見たいです。

posted by みかづき at 10:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

NMN

20161115213102196.jpg

高め!?
posted by みかづき at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

身勝手な人たち

vlcsnap-2016-11-14-20h26m52s680.jpg

経費減額ってどういう意味なんでしょうね?

沖縄市街地の負担を軽減すべきと思いますが、
そのためなら全体的な負担は大きくなっても仕方ないと思っています。

既にあるものや流れを変えるなら
相応のコストがかかるのは当たり前です。
今や基地なんて原発や廃棄物と同じような嫌われ者だから
相応というのは「かなりのもん」ってことになるでしょう。

冷静に考えると
戦後の流れで安全保障を都合よくアメリカに面倒みてもらってると思います。
地位協定は是非見直したいです。
僕らは属国ではありませんから。

だけど、アメリカの人と飛行機や船がいなくなるだけでいーかと言ったら
全然そんなことないと思います。
空いた場所に自衛隊詰め込むわけにもいかないし。

@ほどほどにアメリカに感謝する
A少しだけアメリカ減らす

@+Aの見た目が現状に遜色無くて、
「実は微減」ってくらいが現実解ではないかと思います。

短期間に答えを出したいなら
一部地域での領有権の主張をひっこめるくらいしなきゃ
(そんなことやってほしくありません)。

自分たちの都合で
・今まで守ってくれたらしいけどちっとも感謝してません
・だからお金払わないしさっさと帰って欲しいです
なんて言うのはちょっと身勝手かなと。

費用くらいは出すから
地位協定の抜本見直しと
人員見直し(厳選して適合した人だけを日本に来させる)してもらいたいです。


なんでこんなことまた書いたかということ↓これです。

vlcsnap-2016-11-14-20h27m35s390.jpg

手ぬるいからもっと減らせというならともかく、
みんな減るから嫌だと言いたいんでしょ?

だったら反対してどーすんの?って話。

もうこの制度、RAISEするしかないんですよ。
反対すればするほど若者の取り分が減るんだから
もう少し考えましょう。
大人なんだから。

posted by みかづき at 00:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

#ナステント 3M+13

最初の頃に感じた「睡眠時間短くてもすごく大丈夫」みたいなのはなくなりました。
銀英伝で睡眠時間を短くできる機械が登場してました。
最初はまさにこんなんだなと思ってましたが、
最近はそうではありません。

2Mから3Mまでの間で思ったのはこういうこと。
・寝る前の一手間がめんどくさい
・やっと眠たくなってきたのにその御蔭で眠気が覚めてもっかい眠たくなるのにチャレンジ
・そのおかげで睡眠時間が実質短くなってる
・でもいびきは減ってる
・但し前述の通り劇的な印象は慣れて薄らいだ

あと、管についてる薬品が臭くて、これも眠気を削がれる要因です。
毎日新しいのを使うと毎日新鮮に臭いです。
それに比べて自分で消毒すると多少マシというとこでしょうか。

ナステントつけずに寝れる金曜の夜とかはほんとに幸せです。

この器具は改善の余地がまだまだあるのでしょう。


posted by みかづき at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ナステント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現状維持に積極的にコミットする

日本を良くするために
教育を変えようという実践の場に参加しています。
私にとっては思考実験です。

資本主義経済は
人が勝手に合理的な行動をすることで拡大するという
考え方が受け入れられてきました。

合理的な行動というは
生産性とか効率を高めるとかいう方向に向かう力の意味で捉えられてます。

こないだNHKがそういうやり方の発展は限界に来てるのでは?
という指摘をまとめた特集をやってました。
これは素晴らしかった。

今回の思考実験の中でもそれに関連するようなことがでてきました。

今のままでいーと思ってる人を
無理に上向かせても意味ない(というより逆効果)。

今のままでいーというのは
やる気がないとか
後ろ向きだとか思われています。

だけど「安定的な現状に積極的に満足している人」が居るという指摘がありました。

確かに就職の志望動機には
安定性や社会貢献みたいなものの割合は案外高いです。

ところが
社会で揉まれて管理職・監督職、経営者になる頃には
いつのまにか成長とか生産性みたいなとこに目が言ってしまう。
昔のことは棚にあげて、
若者のケツをはたこうとしてしまうのではという考えに至りました。

気構えを変えて前傾姿勢で走り出せる人もいるでしょうけど、
全体的には疲れてしまうのは今の日本観てれば明らからだろうと。

だったら、
走る人は今まで通りトラックを用意して、
安定的に歩きたい人にはこう言えば良いのではと思いました。

「分かった、会社としても君が歩きやすいようにウォーキングトラックを用意するよ。歩くペースは相談しながらやろうじゃないか」

昭和型の終身雇用はランニングトラックしかありませんでした。
基本的に日本人はみんな優秀なんだから
整備すれば歩く環境は立派で案外はやあるきは走るくらいに早いかもしれません。

それを全員走らせようとするから疲れる。
早く走りたい人は周回遅れがジャマで走りづらい。
遅い人もせっつかれて疲れる。
挙句の果てに更衣室でちょっと着替えて戻ってきたくらいですでに置いてけぼりでもはや戻れなかったりする。

管理者の立場からはこんな視点を意識するだけで現場の空気を変えていけるのではないかと思いました。
教育に携わる立場としては、理想と現実にギャップがあるというのと率直に伝えること、しばらく努力を続けながら、自分はどうしたいか、どんな風になったら良いか考えるんだって伝えたら良いと思いました。




posted by みかづき at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

習主席に

NHKニュースみてたらどうしても言いたくなった。

vlcsnap-2016-11-11-00h25m56s039.jpg

習主席。
世の中には歳をとってもこんなに力強い生え際の人もいる。
生まれ変わったらこんな生え際が良い。



vlcsnap-2016-11-11-00h27m22s091.jpg


ちなみにオランド大統領。
特段フランスに肩入れするつもりありませんが
すごく親しみがわきます。



vlcsnap-2015-02-15-11h39m43s50.png

あと同じフォルダにあったジュビア。
同じ種族と思えない美しさ。
ジュビーン!

じゃなかった。。
NHKニュースで気になったこと。

vlcsnap-2016-11-11-00h32m39s329.jpg

これ、すごく違和感あります。
暴言吐く男のイメージなのに、
これじゃ紳士にしか見えない。

違和感あるってことはたぶんこれが真実。
違和感=メディアに捻じ曲げられた事。

彼の発言を聞くと
日本に相応の負担をさせると言うのと一緒に
きちんと守ってやりたいとも言ってるよう。
若干、韓国と言い方が違う。

なんとなくこれまでの流れで続けるんじゃなくて、
ちょっと現実見ようよってことだといーなと。
習主席と3人で良い関係を築けたら。

「飲んでみたら案外馬があった(中国でそんな表現するかはしりません)
ドンはなかなか会えないが、シンには時々奢ってもらうよ」
なんて冗談をたまに言われるくらい信頼してもらえるように
努力するきっかけになったら良いと思う。




posted by みかづき at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

栄誉賞後


卒業→某クラブ→代表選出→決勝戦でハットトリック→キャラも話題に→国民栄誉賞
心配なのは、「栄誉賞」後。
ずいぶん勝手に思っていました。

人生何度も試すことはできないので、
もしそうだったらっていろんなこと考えるかもしれませんが
高校時代全力過ぎだったので
大学というのは良い選択肢だったんじゃないかと
この4年で思いました(はーすみません私が思うことではございませんが・・)。

最初は走ってるのを観るのが楽しかったですが、
3年になる頃には試合前のセンタサークルへの歩みが良いのではと思うようになりました。

今年なんてどう形容するのか考えてなかなか思いつきませんが
書道家のスズリ、
名工のカンナ、
みたいなものを感じています。

ただ液体の墨ができれば良いとか
ただほど良い形になれば良いとかいうわけじゃなくて、
いやもちろんイー色で良い形になれば良いのかもしれませんが、
そこに至るための何かがすごく大事というか。
その何かってなんだろう?とか、
なんだろうって考えてる自分ってこれで良いのかとか。

ただ、走って、蹴って、勝ちましたという流れじゃなかなかこんな色合いはでないと思います。
抜群に上手い低学年もレギュラーはレギューラーだけど、
やっぱ4年の重みは違うと思います。
クラブチームでも4年違うとずいぶん違いますが、
前述したような芸術的な違いを感じる選手は稀だと思います。

他人がそんな風に思うくらい。
一先ず良い成長物語になりそうなのではないでしょうか。

この先の章立ても元気に続きますよう。







posted by みかづき at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

ということで地位協定見直しのチャンス

トランプ氏。
日本を守ってやりたいが公平に費用を負担して欲しいとのこと。

こういうこと言うの嫌だなぁ、、
って思ってたんですが、
彼がほんとに日本にヘリ代とか出してって言うなら
チャンスだと思う。

「たしかに相応の負担する」
「だけど、相応の協定(日米地位協定)見直ししてくれ」

やっとまともに言えるんじゃないだろうか。





posted by みかづき at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メディアの偏見

きっとクリントン女史が大統領になって
世界がちょっと落ち着くと思ってました。

でも朝からずっとトランプ氏がリードしてるのが気になってました。
選挙人が少なくて面積が広い州で勝ってるのも気になりました。

して。。

NHKニュースは「番狂わせ」と表現していました。
僕もそう思ったのですが、
思ったと同時にちょっと気づきました。

そう思わされてるだけだったかも。

そもそも事前調査は「接戦」。
メールの話が終わったから
クリントン女史が有利だとかなんだとか言う話でした。

それがほんとだと思ってましたが、
それはメディアがそうなってほしかっただけかもしれません。

実際、メディアの言ってることと
有権者の行動は全然違ってました。

メディアは「すんません、間違ってました(てへぺろ)」って
言いたいのでしょうけど、
揃いも揃ってほんとに間違ったかどうかは怪しいものです。

ほんとに間違えた人、
ほんとに間違えた人に右に倣えした人、
間違えさせようとした人
間違えさせようとした人に迎合した人。

まー私もあんまり極端な人が政治に手ぇつっこむのを歓迎したいとまでは思いませんが、
だからと言ってこういう形で扇動するのは好ましくないと思います。
(私がうがった見方してるだけだと良いですね)

世の中、悪意や偽善に満ちてると思いました。

アメリカの選挙はこんな風に2回に1回くらい頭抱えます。
でも大人が真剣に世の中のこと考えてるのは素敵だと思います。

新しい大統領はともかく
夫人の努力に評価が集まると良いと思います。


posted by みかづき at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テレ東が移転

vlcsnap-2016-11-09-00h09m07s144.jpg

新しいスタジオだそうです。
この建物に行く機会多いです。
足元でWBSが収録されてるのはちょっと信じられない感覚です。


vlcsnap-2016-11-09-00h01m34s188.jpg

フェルドマンさんのコメントがすごくよいです。
地域ギャップで価値観って結論、
表面的な打ち合わせじゃオンエアまで行き着かないと思います。

posted by みかづき at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

名実ともに冬

メリケンサックのDLSが終わりました・・
posted by みかづき at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

#amazon で久しぶりに外れクズの #デリバリープロバイダ

配達中になってて全然届かない…

今日届くから注文したのに
こういう時にを限って
狙ったようにデリバリープロバイダ。

「届かないかも」って
期待を裏切らない配達精度。


posted by みかづき at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

galaxy

20161107195945441.jpg
posted by みかづき at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

今週19時はアメトーークに

今週はアメトーークにしようかなと。

同じ時間帯の番組に
良い緊張感が生まれて欲しいです。

オンタイムで観るのって
日曜の19:00-21:00だけなので
イッテQとかもあんまり手ぇ抜かないでもらいたいものです。

posted by みかづき at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近のこと

(ストレス解消のために少しきつい言葉遣いです。ご注意下さい)

こまい仕事に少し慣れました。
雑用かなんかと思って軽蔑してましたが、
これは必要な仕事だと思うようになりました。

まだ深い実感ではありません。
その証拠に「なんでオレ様がこんなしょぼいことを」という気持ちがあります。
この気持ちが消えたら、というか、あとでブログを読み返して
「うわっ、、昔こんなこと考えてたんだ・・ひくわ、、」って思うようになったら成長だと思います。

成長の足かせは他にもあります。

しょっぼいことやってるのがガキみたいな人たちなので
「100や200の若造が・・」と能書きたれてくれる人にいつもイライラします。
きっと親切に教えてくれてるだけ

売上に直接貢献する仕事ばかりじゃないので
そうした作業での問題点が深掘りされないのも残念です。

躓いて転んだので対策を検討すると、
「足元に石が無いか注意する」みたいな結論が本気で出てきます。

例えば、こんな意見は無視されます。

なぜ石があるのか?
なぜ石に気が付かなかったのか?
なぜその道を選んだか?

「君ら馬鹿かね?」って間違いなく以前なら言ってる所。

どうしてそんな短絡的なことばっかりやってるか。
空気を感じるにはこんな感じです。

限られた時間の中で実効性の高い対策を選択する。
実現できない対策、
実現するのに現実的ではない時間がかかる対策は考えるだけ無駄。

対策として考えるのは無駄だけど、
大きな問題としては認識しておいて、
予算がまわってきたら仕事として実行する。

「限られた時間」というのは、定常業務の予算の中という意味のようです。
その範囲であれば数年に渡って対策の実現を模索しても良いけど、
模索のための管理コストも必要だし、
そこにコストかけると、
毎週生まれる対策に手が行き渡らなくなる。
だから、ショベルカーで基礎を掘り起こすような対策はきちんと予算が手当できてからやる。

という感じのようです。


ちなみに、そんなみみっちー仕事やったことないし、
やりたいとも思わなかったので、
今のところ、理想とかけ離れて「華々しい」活躍ができてません(それだけでかなりストレス)。
なので、「こいつできるやつ」感は伝わってません(若造には余計伝わらない)。

、、となると、前述の考察なんか「よく分かってないやつにくれてやる必要もなかろう」ということになり、
事前に解説してもらえません。
普通は折をみてぶっちゃけとくと話が早いんですがね。


まー、ただ、
話を聞くより、
自分で推論してから
裏を取るほうが理解が早いです。
これでよいのかもしれません。

少し先のことを考えれば、
足元見る仕事しかしたことない奴と
いつも5年後考えながらマウンドならしてた奴が違ってくるのは明らかです。

問題は明らかになるのに時間がかかること。

でも、明らかさがもうちと見えてくるまで頑張ります。


ストレス解消のために不満ばっかり先に書きましたが、
良いこともたくさんあります。

・楽
・いきなりコード書いてもOK
・ドキュメント後付(もしくは無し)でもOK
・テストしたことにすればそんなにテストしなくてもOK

良すぎるので長くやってるか志がある人から駄目になるのかもしれません。

こういうのは若者に任せるより、
55歳で肩叩かれた人に従事させた方が安定的なんじゃないかと思います。
ま、年齢に依らず適材適所が一番です。

僕も活躍できるエリアが広げれるよう精進します。










posted by みかづき at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

ユニクロが高ぇ

新宿高島屋店。
また女性もの売り場が増えた。
もはや通路面は75%くらいが女向けだ。

そんだけバリエーションが必要な女性。
男女平等はどこにいった??

ということで、
目的のさらっとしたシャツ(Yシャツ除く)は、
デザイン的にほぼ一択だった。

こないだユニクロは決算発表で
売上が落ちたと言ってた。
値段を少し見直すかと思えばとんでもない。

売上は横ばいで十分で
来年、対前回復でよしとするのだろう。

服のスーパーとしてのユニクロは
完全に役目を終えたと思う。

他にどこで服を買えばよいのかまったく分からない。
一昔前に戻って
大事に着よう。


posted by みかづき at 15:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

尽きた

国内の銀行口座の残高がなくなった。

あと1000円位残ってて
10日の支払いで足りなくなる。

カルチャーじゃないけど
カルチャーショックだ。
こんなことあり得るんだ。

足りなくなっても誰も助けてくれないんだ。
そりゃそーか。
逆の立場だとしても僕だって助けない。

ちょっと香港から補給。

最近、一時期よりは円安のようだけど
まだ様子を見たかった。

商取引での決済の短期化というのは大事だと体感。


posted by みかづき at 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

民進党の国会対策副委員長

vlcsnap-2016-11-01-21h24m54s980.jpg

細かいことはともかく。
せめて絆創膏くらいはろうよという話です。


vlcsnap-2016-11-01-21h25m08s267.jpg


中には「絆創膏代払うのもったいないから大手術しよう」という人もいるわけですが、
こういう人に手術の決断はできません。

良さげなことを言ってるこういう人が日本をダメにします。

この法案では仮にも年金制度は守れないし
元々将来の年金生活者は守れていません。

そもそも年金が「十分だ」と思ってる人なんてあんまりいないわけです。

こんなこと言うくらいなら
「政府は手ぬるい!」
「カット率を法案のxx%増にすべき(根拠はZZZ)」
というように踏み込んだら良いと思います。



posted by みかづき at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(≧∇≦)b

20161101202806584.jpg
posted by みかづき at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする