2017年10月05日

引き継ぎさせたら誰も右に出ない

業務書類の文書化は得意分野だと思ってます
最近はアジャイルだなんだと言って
文書を残しませんから引き継ぎがより際立ちます

工期はきつきつ
品質はぐずぐずだけど
引き継ぎにはなぜかゆとりがあることが多いです

導入インストラクションよりも
引き継ぎを気にしたり心配する人が多いと感じます

ということで最近独走体勢に入りました
かなりゆとりがでてきたので
「新しいことやらなくて良いです(むしろやらないで)」ではなくて
「そんなに余裕ならこれもやってくれていんじゃない?」に変わりそうで心配です

なるべくストレスにならないように
あんまり真正面から受けないように気をつかうことにします

今日は紹介を受けていた他の案件に断りを入れました
これが心苦しくて気がかりだったので楽になりました

終わりよければ全て良しという精神で
なるべく気持ち良い言葉をメールにしました

新しい契約はどうやら税別らしく
「ずいぶん上がった」と思ってた報酬がもっと高いことがわかりました

実は現在の職場も税別でしれっと請求してました
経歴書を読み返してみると独立してから数年で報酬が倍くらいになりました

給料を上げるために必要なのは2点だと思います
@「いくら欲しいです」と希望を伝えること
A希望の金額に見合う職を選ぶこと

もうちょっと早くコツがわかれば
僕も並の時間間隔で普通の人生を選択できたかもしれません



posted by C.C.C3 at 22:28 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする