2017年12月30日

よいことばがみつからない

今年はよい応援できなかったと思いました
無念とか思う前に反省とか詫の類の気持ちです
不甲斐無
posted by C.C.C3 at 23:24 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

神戸来ました

東京駅混んでました
新幹線も混んでました
グリーンで快適でした
ぐっちょ>予約したときのオレ

ただ、なぜか新大阪止まりの電車でした
なんでだろ?

電車乗ってから改札で出て来た控え(EXICで改札通ると出てくる切符みたいなやつ)みたら、予約が名古屋まででした
なんと、、

快適だったのに
名古屋から激混みの自由席、、のデッキ
地獄でした。。

神戸で精算したら名古屋から乗り直しただけかかるらしく(当然知ってますが一応驚いときました)、元々割引あっただけにすごく高く感じました。
ぜんぜんぐっちょじゃありません。
なんで名古屋までにしたんだか、、

久しぶりに三宮来ました
たくさん人がいて関西弁が近くできこえるのが新鮮でした




posted by C.C.C3 at 20:41 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

終わりよければ的に仕事納め

ことしーー
大変でした

例:
・審判のみてないとこで手を抜く人
・嘘をつく人
・常に相手を否定する人、批判する人

人間的にはこういうタイプの人と対峙することが多くて消耗しました
全部正面で対応するのでは無理でした
今年は2Qくらいから逃げることを覚えました

危害を加える現場から非難することすら精神的に負担でした
僕はこれまで正面で向き合うことが正義だと思ってました

9月には特に堪えて
11月に安全だと思われる職場に移りました

タイトルの通り終わり良ければ全て良しみたいに
すごく充実した仕事ができました

良い現場なのですが2年ぐらい騙され続けてきたという不信感が消えません
実際の所は相当高い評価を獲得しています

歯が浮くとはこのことだな、、と思うほど褒めてもらっています
それでも歯が浮きながら「いや、それは嘘だ、そんなはずは無い」と思うのです

2ヶ月でだいぶ改善したかもしれませんが
根強い悪影響が残っているようです

来年はこの状況をひっくり返して
ポジティブオーラを漂わせることと
常に感謝を口にすることが目標です
・・くらいのことが言えるくらい回復してきてます

仕事は秘密ですが科目は研究開発費です
純粋に技術的に最先端を突っ走っています

社員よりも出っ張る
出っ張りどころは空気を読む
一寸前の通り道は「こんな風に走ると良さげ」と足あとを残す
難しいポイントは「この辺り」と警告の看板を立てる
時々、集会所に立ち寄って「それはちょっと違うと思う」と隣町の寄り合いにも口を出す

という感じです

走り方、足跡の残し方、口の出し方など全部ポジティブ評価です。
看板の立て方まで素晴らしいと来た日には「そりゃいくらなんでも言い過ぎ」と思うわけですが
どうもほんとにそうらしいのです

さすがに出来過ぎの反動で
一部の担当者からは陰口も聞こえてくるのが寧ろ「自然」と思うほど

仕事納めする頃になって
ようやく「当初の契約満了までは」働けそうだと思えてきました

何とか無事に神戸行けそうです

お疲れ様でした



posted by C.C.C3 at 19:51 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

今年はZERO下田

先輩卒業したら下田いかなくなっちゃうんじゃ?
なんて思ってましたが
ほんとに一度も行きませんでした

日曜日夕方の試合が多かったり
僕の移動日がかさなったりしましたが
それでも多分
行けなかったと言い訳するよりは
行かなかったんだろーなと

まさか早慶戦観ないなんて思いもしませんでした

まー今年は卒業生の卒業が無いということで
来年は時々見学したいですね

posted by C.C.C3 at 22:01 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほけてま

しばらく日記書きませんでした
そんなものはeasy過ぎて退屈でした
ボケます

新しい職場はどうやらかなり良い所です
僕だけが疑念に満ちています
あまりに何も信じれなくて申し訳なくなってきました

エンジニアでは無いけどかなり実体に近いものに触れ
マネージャーでないのにチームや組織に口を出し
アナリストでもないのに新しい技術を語れます

軽んじられてるかバカにされてるかと思いました
しばらくして気づきました

どうやら大事にされています

最初の頃は成果が出なかったらどううしようかと
気が気じゃありませんでしたが
成果はでているようです

「まじか・・」と思うのはやってることが簡単だからだと思います
「この程度で」仕事になると思うのは「おかしいだろ」と感じるくらいの難易度です

すごい危機感があって
そこが雇用主(≒経営者)の共感を産んでるのではいかと推測します

最終的には社員が自分で問題を解決できるようになるわけで
だんだん共感は現場に近づいていくのかなぁと思います

手助けの終盤まで必要としてもらわねば

※たまにまとめてどばっと書こうとしてもうまくまとまりません
※まーいろいろあって「もっと伝えれることあるのになかなかうまくは言えないもんだ」と日々思ってます


posted by C.C.C3 at 21:56 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

20食べてー

vlcsnap-2017-12-19-22h42m54s280.jpg
白いやつ:『20(mmの弾)食べてー』
アホなほう:『ぉーチャレンジャーだな』
posted by C.C.C3 at 22:47 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歯が浮くほどの歓待

今度こそほんとに歓迎をうけているらしいです。
もう、歯が浮くようなことを言われ続けています。
期待しているとか、ずっと待ってたんだとか、みかさんのような方を探し続けてなかなかいなかったんだ。とか

まぢか。。

1ヶ月くらい経ってみましたが、やっぱりそうらしい。

会議とかで発言すると、まーいつでも僕は発言したら周りが黙るわけですが、今回は仮にシェイクスピア読み始めたとしてさえ、何か秘密があるんじゃなかとメモをとる人がいちゃってしまうかもってくらい。(まーそこまではいかないかも)

なんかいかよーにもできる。
けど、マネージャでもディレクターでもPMOでもなく、ただのアドバイザー

真実を順序よくならべる。
並べた真実にその時の状況や周囲の人の気持ちを混ぜて解説すること。
これ自体に価値があるような職場なのかも。

そして、短期間に話を聞いていた側が「あーあれってこんなんですよね?」といって自分でできるようになる。
多分、そういうのがミッションの一つ。

そんなに長く続けれるミッションではなさそう。
やっぱ来年春までかな。

まだ、信じきれていませんが、
すごく良い職場です。

こんだけ歓迎受けてまだ「信じてない」なんてすごい失礼
でもどこかうたがいながらも、大半はこんな歓迎してくれてうれしいなぁって思ってます。

仮にそれがほんとだとして(現時点でそれが本当の可能性が高そうなので)、
僕はそれにのっかって前に進むべく、全力をつくそうじゃないかと思っています。

進みながら四方八方、特に後ろと上と下、、細心の注意をはらいます。

どうか僕も細心の技術と使い方考え方を学び、
現場の方と打ち解けて技術の浸透がすすみますように。


posted by C.C.C3 at 00:27 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする