2018年03月11日

リモート勤務できるかも

頑張って信頼得てきたとこがあるので
ついにリモート勤務できるかもしれません

家で遊ぶわけじゃなくて
文献調査などするときは図書館やその地方に出向いた方が良いだろうという話です

まー場合によっては
地方出張と重なりビーチの前で実践調査かもしれず
夢は膨らみますが
その交渉があと1,2ヶ月でできるかもしれないとこまできました

リモート可なら良い案件かもしれません

所属部署・部はCTOが僕を支持してくれるので大枠はやりやすいです
直接の現場担当は僕の能力をある程度評価してくれます。

やっかいなのは隣の全然関係ない部署、
担当者とだけ関係がある部門の長です

良い人ばかりならいいのですが、
なぜこんな味気ない人が?
なぜこんな何も知らない人が?
という人が平気でいます。

謙虚ならまだしも
昨日かじったパンの耳程度の知識をひけらかして
更にこっちに攻撃までしかけてくることがあります。

どうも実働部隊の程度が低い
実際、開発チームともいえるのだけど、相当、単純テスタや純コーダみたいな人たちばかりに思えます。
そのボスたるやそもそもプロセスを知らん!
と言い切ってはばからんような人もいるようです

ちょっとびっくりです。
しっぽじゃなくて頭切り落としましょうと進言するかもしれません。

こういうこと考えるようになったらこの現場もあとわずかかな。
最後にリモートの感覚を味わいたいです。

そして次もなるべくたくさんの調査ができて
リモート作業可能になる場所を選びたいです。

今の場所なら一線で活躍できる部分もありつつ
ただの開発者ではなく、アドバイザとして過ごせるので理想的ではあるのです。

人を雇い続けるにはその組織の人を育てる必要があり
それが大事だと気づている人はほとんどいないようです。

だからこそ短い期間でも僕が在籍したことは意義を感じてもらえて、
その結果、ある程度の評価を得ることになったというわけです。

もー一歩先にいけると良いのですが、、
その前にもっと穏便に話が進むことを願っています

心の平穏が一番です。

posted by みかづき at 02:22 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする