2019年02月10日

ふるさと納税 - 泉佐野市

極端な自治体があってもいいじゃないかと思う一方で
こんな自治体の管轄には絶対住みたくないと思います
もう少しいうと寄付したくありません

ピーチに乗れるので利用する人はすごく得だと思います
もしかしたら、ピーチが羽田に乗り入れてたら誘惑に負けたかもしれません

今回はアマゾンギフトもらえるというので考えてみました

・・が、やめます

10円で買えそうなものを50円で買うようなものばかりだと思いました
100円寄付して20円ギフト券もらうのがどれほど得かは実は10月くらいにならないと分かりません

いわゆるサラリーマンなら1年の収入はほぼ予測できるでしょうから
今のうちからヘッジするのは賢いと思います
1万円以上寄付するなら100円のタオル一枚だとしても得かもしれません(実際は、関連する思考や作業に費やした時間や労力に価値を見いだせないなら合理的じゃありません)

うーん、、
いつお暇をいただくかわからない身にとっては
絶対に得だとまるで言い切れない・・

世の中、「ほぼただでアマゾンギフトくれるぜわーい」みたいな感じになってるのになんか残念です

ということで冷静に考えました
例えば、「しまった、、これも所得か・・」と気づいてしまった去年

気づかなかった所得が100万円増ると住民税が10万円増えます
すると寄付金の税額控除の特例は2万円上限が増えます

2万円・・

それはすごく努力したほうが良い金額なのか??

こないだWBSみてたら高額納税者が出てました
例えば住民税が1000万円だったら
200万円くらい税額控除できます
ふるさと納税の返礼品が3割というなら60万円の食材がもらえます
いままで200万円どぶ(自治体)に捨ててたのが食べ物に変わります(2万円を喜ぶのはいったいどうなんだろう?ってだいぶ自問自答した上で、要らないものは要らないというのと、どーせ先が読めないんだから見切り発車はやめようという結論になったというのは前述の通り)

貧乏な人と裕福な人は食べてるものが違いますが
ちょっと暮らしが厳しいサラリーマンと グーグルかトヨタに努めてるサラリーマン一家が食べるものは実はそんなに違いません
(WBS出てた人はもっと裕福な人なのでもしかすると食べてるものが違うかもしれませんが、そういう割には冷蔵庫とその中身がしょぼかったことからもわかるように、日常生活はそんなに大した違いがありません。もちろん、ちょいちょい違いがあることも短い映像で伝わってきましたが)

周囲より裕福な上、更に年50万円生活が楽になる人と、
そこそこの生活をしながら年10万円生活が楽になる人
普通の生活をしながら年2,3万円楽になる人
寄付なんてできねーよって人

なんか貧富の差が広がるような方向になってます

で、、
やっぱりここに目がいきます

アメリカの個人の寄付金=30兆円
日本=2兆円

寄付金増≠税収増 ではないものの
裕福な人に金を出させる工夫が必要と思います

消費税1%増税=3兆円 などとざっくり考えれば
庶民の生活を裕福な人が支えれる余地がまだまだありそうだと気づきます
裕福な人は貧乏な人より知恵や権力があるのが普通なので
うまいことだませて、
且つ、「そりゃいいね」と思わせるものが必要です

ふるさと納税ってぴったりではないでしょうか

庶民は「金持ち優遇」って言いたいかもしれませんが
短絡的に金持ちいじめを始めるとすぐに自分(が住んでる自治体)にしわ寄せが行くという構図です

金持ちの方々はおだてて優遇して
無駄遣いさせればよいのです

無駄遣いは庶民がするものではないということを肝にめいじるべきです

posted by みかづき at 22:43 | Comment(0) | 経済一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

レオパレスの話

全力で攻撃したくなるけど
潰してしまうと被害者に濃くしわ寄せがいく

株主と会社が責任をとるのは当然としても

今住んでる人には最大限の保証をしつつ
会社は誤りをみとめ
経営者は嘘ついてたと白状し、
いろいろ晒されて社会的制裁を受け、
まともな経営者を迎えて会社を立て直す

このあたりが無難なのでは

ただ、受給を無視してしょぼい建物つくることに同意したオーナーの一部はあんまり同情できません
詐欺とは言えないまでもあんなとこに人が住んで賃料収入があるって話に乗ると思える人がどうかしてます
しょぼい上に明らかに法律違反だというのが問題を大きくしてます

存在してる建物を全て正すのか
正して意味あるものだけ正すのか?
その「意味ある」ってなんなのか?

辛いけどレオパレス攻撃だけじゃない部分があるのではと思ってしまいました
(もちろん、圧倒的に経営者が嘘つきなのを糾弾したいです)

守るとしたらCMに騙されて住むことになってしまったような人
しかし、どれがかわいそうかは一見分かりません

むしろ事情があり必然的にあのような建物に住んでいる人もいるはず
事情は考慮するけどこちら側の人はごめんなさいっていいたいなぁ
いきなり年度末ってのは難しいので
改修できた建物に順次移動してもらう、その際の費用はレオパレス持ち(あとお詫び代を何万円か上乗せ)というとこじゃないでしょうか

このタイミングでいかにも下手くそな対策を出してくるのは
世の中にいろんな力が働いてるからだと思います

すると、小さな会社のことに憤るよりは
もっと大事なことを見逃さないようにしないといけないと改めて気づきます



posted by みかづき at 16:39 | Comment(0) | 経済一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪が降って素晴らしいです

ニュースの煽りで肩透かしかと思ってましたが
今雪がふりはじめました
素晴らしく美しいです

ほんとは今日八丈島行く予定でしたが
振替可能になったので明日に変更してました

もし今日だったら行きは飛べたかもしれませんが
帰りは急遽危なかったかもしれません

久しぶりに結果オーライで大ラッキー
posted by みかづき at 16:03 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

更にその後、一翼を担う期待が持たれるように

1週間ほど落ち着きましたが
代わりにインフルエンザが流行ったおかげで
風邪を引いて体調が悪かったです

それでも一時期のような死ぬ思いをすることはありません
死ぬ思いを「させられる」ということもなさそうです

乗り越えた先は花畑でも草原でも決してなくて
キリモヤの山があるようだとわかってきました

どこまで行っても楽になることはありません

ここ数週で気づいたのは
外のグループとの関わり
外の会社との関わり

自分の仕事をこなすだけでは全体が出来上がらず
ブランドが守れない可能性があるということ

そして、真剣にそこに気づけてる人が案外少ないこと
更に、培ってきたブランドとか言いながら
それを守る戦略も戦術も案外できてないということ

ブランドがあるのに文化ないのかね?という問には
できてなさの中、全力で頑張るということのようです


仕事のクオリティとしても実感を伴って高まってきました(但し、前述のような状態もありまだまだです)
昨年末にショックを受けていた仕事がありました
トラウマかと思いましたが、似たような仕事にどうにか及第がつきました
自分の仕事と捉えた分にはなんとなるかもしれないと思いました

ただ、まだ、及第にたどり着くだけでも全力の努力が必要です。
相当頑張らないといけない

不合格にさせられないという状況が実現できる前提であれば
取り組みがいがあると思います
自分が成長できます
多少のIT業界での経験では簡単に馴染めませんから、この状態を維持できれば企業にも貢献できると思います

稚拙ながらも手応えを掴むに至りました


元々得意だった範疇の仕事はずば抜けてパフォーマンスを出してると思います
多分、与えられたいくつかのジャンルの中で、この部分だけはフリーハンドで渡してもらえる部分だと思います
現場に利息をつけた上で満期を短縮して償還し続けてます


問題もあります。
周囲との関係はかなり状況が悪いです
敵は外にいます

初めは倒せないので仕事の範囲を限定するように言うし、
かかわらないようにしようと思ってましたが
とうとうからまねばならなくなってきました

で、先週からちょっとデビュー戦を戦ってました
基本的に柄悪い人とは仲良くできるタイプらしいので
メンチの切り返しでちょっと会話ができました
でも、ヤクザなのに、超真剣に準備してすごく深い議論をします

たんに嫌がらせしたいだけの人もいて
そういう人とは関わり持ちたくありませんが
厳しいけど楽しいかも


問題はもう一つ
敵は中にいます

頭固い人
自分の考えに固執して、人の話を聞かない
多少、自分の方が経験があると思うと、下に見ちゃうもんだから意見をきかないんですね
でも、8割がた僕が正しい
このタイプの人、5回に1回しか正解できなくても、なんも気づき得ないんですよねーー

ガバナンスきかない状態になるのがすごく心配です

会話は対面でやるのは危険で
グループチャットでやってチーム監視でガバナンスが働くようにする必要があります


あぁ、、
ちょっと普通の話ができるようになってきました

私の頑張りはみとめられて来ました
前述の面倒な方とは仕事したくありませんが、
量をこなすには適所に配置する必要があります

つまり、だましだましの関係を気づかねばなりません

そして、まだ良くわからない外の敵と一緒に城の修復計画と砦の建設、開拓計画を作っていく感じです。
合間に畑を耕すのを忘れないと
さしづめ、僕は、割と大きめの畑をいくつかと、期限があたえられ、自由裁量で収穫することができるようになってきました

やっと第一歩かも

なんとか、週明けも頑張ろうって気持ちになれてます

行きてて良かったーー



posted by みかづき at 02:07 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

人権=不平等、犯罪者の人権って

死刑やめようとか更生とか言いますが
僕は賛成できません

抑止力として足りないと思うし
被害者が軽視されていると思うし
人殺しは2回死ぬくらいでもよいと思うからです

ちょっと過激なので不快な話かもしれません。

高速道路であおり運転した人
例えば僕が独裁者で法律を自由に決めれるならこうします

・逆の状況を体験させる
・超ヤクザが前に車とめて脅しにやってくる
・車から引きずり降ろされた瞬間にトラックに跳ねさせられる
・ギリギリ助ける
・最初から人数x2回繰り返し
・繰り返しの最終回ははねられる時の速度を余裕持って2割増→助けず放置→もし行きてたら通常の裁判の判決期間服役

被害者の処罰感情はせめてこれくらいしないと対処できないのではないかと思います。全く世の中に逆行してると思いますが、多分、多くの人が被害に直面したら同じように考える瞬間があると思います。私なら現状の制度を受け入れることはできないと思います。

この仕組でも現行の仕組みでも困るのは、結局被害の埋め合わせができないことです。保険で賄うのが一番だと思いますが、加害者が無保険ということも考慮する必要があって、その場合には更に世の中に逆行してますが、公機関が私財を没収できる制度が必要と思います。昔で言うとお家取り潰しや私財没収です。加害者が勝手にやったことかもしれませんが、社会が野放しにするからそんなことになるのではという考えです。

この考え方の延長で行政の不手際や性犯罪も被害者を守ってもらいたいものです。

厚生労働省の統計の話は、「間違っててごめんなさい。早く払うから許して」という類ではありません。追加で払う何百億円は誰が出してるのか?という話です(テレビや新聞じゃ誰も言わないかもしれませんが、全量現場で確認するなんて方法がそもそもデタラメです)。こういうやらかしの責任者は退職金無いクビでよいし、当時の責任者からも財産を没収できるようにすればよいし、少なくとも本省の関係職員は最低賃金で1年働くくらいの覚悟してもらうくらいでも良いと思います。

責任の所在とか言うくらいなら国家公務員全員が負担すれば良いです。今回の件なら、国家公務員全員が給与の10%を一ヶ月返納すれば足ります(低レベルな国会審議もうんざりです)

性犯罪も気分悪いですよね。心中を「察するに余りある」という言葉がありますが、筆舌に尽くし難いおもいです。
加害者にはGPS発振器を埋め込んで氏名と共に位置情報を公開するということで良いと思います。また、加害に及んだ部位は物理的に切除するか、神経組織を無効化すればよいでしょう。更生の可能性があるかもしれませんが、まずは同じことする可能性の方が高いわけなので、それを改善する方がマシです。いずれにしても被害は回復しませんがこれくらいは必要と断言したいです。被害者負担軽減のため、手続きの簡素化や被害者の匿名性は最低限必要なこととして国が取り組むべきと思いますが、経済的補償には加害者の親族を巻き込むべきと思います。救済の迅速化と、監視カメラだけではない監視機能を社会に埋め込むべきと思います。

死んだ人の写真をこぞって紹介したり、感動物語で根掘り葉掘り時間をさいてニュースにするようなことはやめてもらいたいです。

だいぶ世の中とかけ離れたことを書きましたが、案外似たことを考えてる人もおられるのではないかと思います。
そこまでは思わなくても、なんか納得行かないと漠然と思うことがあるのではないでしょうか。

だからどうするというわけではありませんが、
犯罪被害救済や法制度の具体的な改革を掲げて政治活動する人がいたら支持したいと思っています。





posted by みかづき at 22:48 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性を取り込むよりずっと難しい

アクティブな文化はやっぱり若者向けになってしまう
普通の制震構造の人はどこかで「合わないな」と感じて離脱することになる
こうして「書斎派」になった人が増えてる

もちろん世の中には一定程度精神的に太い人もいるし
多くの良識を持った人は「歳や性別なんて関係ない」とか言う

違う
何それっぽいこと言ってんの??

そんな土壌が育ってる場所はほとんどない


ということで書斎派のホンネ
「ほんとはどっか行きたいんだけどなぁ・・」

最近は中年女性に限っては一人で行ける場所が広がってる
中高年の男性についてはどうだろう??

「いらっしゃいませ」とはいうものの
来てほしくないと思ってる人が多い

でも事実にも目を向けたらどうだろう
一番経済的に豊かなのはこの世代の男性だ(但し、最も汚らしい)
高齢世代よりも健康で多くはどこにでも行ける可能性がある
ただ、世の中が「お呼びでない」ようになっているだけだ

もっと迎え入れられないかな?

ということで
限定され続ける選択肢に困っている

posted by みかづき at 21:36 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする