2019年02月03日

人権=不平等、犯罪者の人権って

死刑やめようとか更生とか言いますが
僕は賛成できません

抑止力として足りないと思うし
被害者が軽視されていると思うし
人殺しは2回死ぬくらいでもよいと思うからです

ちょっと過激なので不快な話かもしれません。

高速道路であおり運転した人
例えば僕が独裁者で法律を自由に決めれるならこうします

・逆の状況を体験させる
・超ヤクザが前に車とめて脅しにやってくる
・車から引きずり降ろされた瞬間にトラックに跳ねさせられる
・ギリギリ助ける
・最初から人数x2回繰り返し
・繰り返しの最終回ははねられる時の速度を余裕持って2割増→助けず放置→もし行きてたら通常の裁判の判決期間服役

被害者の処罰感情はせめてこれくらいしないと対処できないのではないかと思います。全く世の中に逆行してると思いますが、多分、多くの人が被害に直面したら同じように考える瞬間があると思います。私なら現状の制度を受け入れることはできないと思います。

この仕組でも現行の仕組みでも困るのは、結局被害の埋め合わせができないことです。保険で賄うのが一番だと思いますが、加害者が無保険ということも考慮する必要があって、その場合には更に世の中に逆行してますが、公機関が私財を没収できる制度が必要と思います。昔で言うとお家取り潰しや私財没収です。加害者が勝手にやったことかもしれませんが、社会が野放しにするからそんなことになるのではという考えです。

この考え方の延長で行政の不手際や性犯罪も被害者を守ってもらいたいものです。

厚生労働省の統計の話は、「間違っててごめんなさい。早く払うから許して」という類ではありません。追加で払う何百億円は誰が出してるのか?という話です(テレビや新聞じゃ誰も言わないかもしれませんが、全量現場で確認するなんて方法がそもそもデタラメです)。こういうやらかしの責任者は退職金無いクビでよいし、当時の責任者からも財産を没収できるようにすればよいし、少なくとも本省の関係職員は最低賃金で1年働くくらいの覚悟してもらうくらいでも良いと思います。

責任の所在とか言うくらいなら国家公務員全員が負担すれば良いです。今回の件なら、国家公務員全員が給与の10%を一ヶ月返納すれば足ります(低レベルな国会審議もうんざりです)

性犯罪も気分悪いですよね。心中を「察するに余りある」という言葉がありますが、筆舌に尽くし難いおもいです。
加害者にはGPS発振器を埋め込んで氏名と共に位置情報を公開するということで良いと思います。また、加害に及んだ部位は物理的に切除するか、神経組織を無効化すればよいでしょう。更生の可能性があるかもしれませんが、まずは同じことする可能性の方が高いわけなので、それを改善する方がマシです。いずれにしても被害は回復しませんがこれくらいは必要と断言したいです。被害者負担軽減のため、手続きの簡素化や被害者の匿名性は最低限必要なこととして国が取り組むべきと思いますが、経済的補償には加害者の親族を巻き込むべきと思います。救済の迅速化と、監視カメラだけではない監視機能を社会に埋め込むべきと思います。

死んだ人の写真をこぞって紹介したり、感動物語で根掘り葉掘り時間をさいてニュースにするようなことはやめてもらいたいです。

だいぶ世の中とかけ離れたことを書きましたが、案外似たことを考えてる人もおられるのではないかと思います。
そこまでは思わなくても、なんか納得行かないと漠然と思うことがあるのではないでしょうか。

だからどうするというわけではありませんが、
犯罪被害救済や法制度の具体的な改革を掲げて政治活動する人がいたら支持したいと思っています。





posted by みかづき at 22:48 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性を取り込むよりずっと難しい

アクティブな文化はやっぱり若者向けになってしまう
普通の制震構造の人はどこかで「合わないな」と感じて離脱することになる
こうして「書斎派」になった人が増えてる

もちろん世の中には一定程度精神的に太い人もいるし
多くの良識を持った人は「歳や性別なんて関係ない」とか言う

違う
何それっぽいこと言ってんの??

そんな土壌が育ってる場所はほとんどない


ということで書斎派のホンネ
「ほんとはどっか行きたいんだけどなぁ・・」

最近は中年女性に限っては一人で行ける場所が広がってる
中高年の男性についてはどうだろう??

「いらっしゃいませ」とはいうものの
来てほしくないと思ってる人が多い

でも事実にも目を向けたらどうだろう
一番経済的に豊かなのはこの世代の男性だ(但し、最も汚らしい)
高齢世代よりも健康で多くはどこにでも行ける可能性がある
ただ、世の中が「お呼びでない」ようになっているだけだ

もっと迎え入れられないかな?

ということで
限定され続ける選択肢に困っている

posted by みかづき at 21:36 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする