2017年10月07日

政党の主張の点検(希望の党)

vlcsnap-2017-10-07-10h38m29s709.jpg

どちらも反対です

ただ、企業の内部留保への課税強化は検討したら良いと思います
凍結は公約にしてますが、凍結した時の財源は「検討」だけが公約になってるのがイマイチです
財政再建を重視していないことはよく伝わってきます

原発の議論は行き過ぎだと思います


vlcsnap-2017-10-07-10h39m07s411.jpg

これはゼンゼン分かりません


vlcsnap-2017-10-07-10h39m18s561.jpg

これは当たり前の話ではないでしょうか?

悪さができないために襟を正したいと自ら宣言しているのだとしたら
こんなことの前に
経費に領収書つけるくらいの基本的なとこを義務化して欲しいですね



vlcsnap-2017-10-07-10h40m31s848.jpg

そして気になったのがNHKの解説の人
「具体的な道筋を説明できるかが問われることになりそうです」

そう言いたくなるかもしれないけど
ほんとに問われてます?
だれか具体的に問うてます?
というかあなたの立場では問うてます?
あと2週間の間に伝えるつもりあります?


最後に分かった風なことを付け加えて
なんとなくニュースらしい形ができたと思ってる感じがしょぼいと思いました

おかげさまですごく冷静にさせられました
話題になってる希望の党は
さわぐほど共感できる政策をあげていなそうだと
気づくことができました






posted by C.C.C3 at 10:57 | Comment(0) | 経済一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。