2018年03月30日

年度納め

年度末になりました。
全く慌ただしく無く、
でも、その忙しく無さを「忙しい」というような職場です。

何とか3ヶ月フィットしようと努めてきました。
順調過ぎるように当初のスコープを拡大して、
上位会議や外部との打ち合わせにも出席できるようになってきました。

依然として社員とは全然違うと思いますが
福利厚生を合わせても私の方が厚遇されている面もあります。
PJの切れ目でもなく契約打ち切りの人もちらほら見える中
総じて高い評価を得ていると思います(控え目に言っても)。

評価の源は仕事感にもあります。
フィットしようと心がけても暇を忙しいと思うほど太くは慣れません。

時間は拘束されても
業務にはかなり裁量が認められています。

太くはなれませんが、
松明の灯りの外側の黒い所には何があるだろうという好奇心はあふれるばかりです。
今日はこの辺りのテーマと決めて調べ始めると
右手つたいで洞窟を辿るようにたくさんの伏線が産まれ、
夕方には一度回収して、次の層に進むか、ワープゾーンを踏むか考えます。

数日に一度、
そもそも物語はこういうことだろうか考えて
散らばった断片を眺めます

数週に1つの小論文
月1程度の報告書

こんなの意味あるのかと思うようなことも
じっくり掘り下げると意味が見えてきたりするとこがおもしろいです

フィットしようとしながらも
合わせないとこはとことん合わせない
出っ張るとこは社員よりも尖る必要がある

職場のために一生懸命になれば
取り組む姿勢、考え方、思考過程などビジネスパーソンとしての在り方が
全て自分のためになると感じます

ここにやり甲斐を見出してます

こんな都合良いことが仕事として長く続くはず無いだろーなぁ、、
儲かるサービスをつくってるわけでも
他でジャブジャブ稼いでるわけでもない会社なんです

残念だけどGW明けくらいに「来月いっぱいで」とかいう話になってもおかしいと思えません
別に構いませんが「だから7月はあんま新しい仕事無いし、そろそろハイシーズンだから!」って言いたいです

珍しくこんな仕事できてありがたいと思ってるので
いつ終わっても悔いがないように
毎日精一杯(休憩もしますが)働いてます

ありがとうございます
年明けからまた精進します



posted by みかづき at 23:47 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。