2018年04月29日

AI

Aiが無視できない。今後は仕事でも絡んでいくので視野を広げることに。

学会資格が去年初めて開催されたのだそう。試しにその勉強から。

推薦書の著者は学生時代からまっすぐ人工知能に進んで第一人者という感じだった。本は面白かったけど、僕はなんも真っ直ぐ来てないと思って悔しい気持ちになった。

だけど、普通の人にないアドバンテージがあるのも分かった。2回目の人工知能ブームの時、僕はその分野が研究対象だったから。しかも、なんと、そこから20年も基礎技術はそんなに変わってない。

推薦書の技術版の一番後ろの方にある話も、あれ?と思うくらいきいたことがあるだけじゃなくて、自分で式を書いたこともあるし、Cで実装したこともある。最初の推薦書に戻って特徴の抽出はこうすれば良いのにってみんながおもってたという件には、寧ろ共感すらした。

世界で活躍するかは分からないけど、日本の一線に技術を還元することは十分できそう。
posted by みかづき at 16:58 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。