2018年08月11日

アメリカの大統領はうまくやってるんじゃないか?

政治家としても人としてもどうなんだという声は未だにあるそうだが
物珍しさで批判ばかりする空気は薄らいだ感

差別は困ると思うけど
どうやら差別したい人も大勢いるということが分かってきた

政治を知らんという意見は
共産主義が正義、自民党しかあり得ないなどと決めつけるのと同じだと思う
どれも完全ではなく、良さもあるし、そうでない所もある
彼を悪者にするのは楽だけどナンセンスだと思う

市場経済を斜めから透かしてみると
僕ですら実感できる良さがある

実はアメリカ・ファーストの保護主義だ

日本人の視点からだとつい「迷惑」と思いたくなる
けど、これは違う
少なくとも僕にとっては

僕にとってはどんな形であれ
アメリカの市場がまもられてくれるのが良い
収入をアメリカのマーケットに依存してるんだから当たり前

自由貿易とか言ってふらふらしてると
マーケットは時に油断してとんでもない揺り戻しをかましてくる

トランプ氏は市場に余談を許さず
こまめに揺すってガス抜きしているように見える
マーケットを直接意識しているかはわからないが
熟練の実務家は気配を背中できちんと感じることができる

結果、昨年まで世界中で漂ってたダルい膨張がかなり安全に止まった
2月の調整は実はリーマンショック以来の規模だったけど
そんなに死んだ人はいない

2Qに入ってからは毎月話題をかかさず
ガス抜きに余念がない

9月10月が近いけど適度に緊張感がある
きっと揺さぶられるとみんなが構えることを覚えたから

マーケットには波がある
右上がりだけが好きな人には気の毒だけど
レーザーポインタを空に向けるような相場は実現できない

それは計画経済の理想と同じ
バブルが起きないと信じることと変わらない

人は賢くない

アホと思われてもいいから
本音を口にして手を動かすのがいんだろう
近年の政治家がどれだけ怠けてきたことか
(だからといって無闇に人を憎むのは正当化されないと思う)

日本人とアメリカ人、日本という国とアメリカは同じではないから
そのままってわけにはいかないにしても
然るべき時にはきちんと本音で喋って行動できる人が日本のリーダーにも欲しい

そういえば401kの口座で日本関連は全て処分した
アメリカはうまくいってると思う反面
日本人の僕は日本のマーケットを軽蔑とか嫌悪に近い感情で見てる

いろいろ複雑なことがあるにしても
総じて日本の市場は内向きで取り組みにくい
それに比べて、、、

世界は一度フラットになったと思ったけどそうじゃない

posted by みかづき at 10:58 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。