2018年09月26日

古き良き思い出したくない過去

給料は11%上がりました
しかし、労働生産性は大きく下がりました

以前は月120時間とか130時間で満額もらえました
今は200時間くらい必要です

多摩往復で準備含め4時間x4回としても多くて145時間
家賃を10時間としても155時間
そこから10%とするとせいぜい170時間

だいぶ目算狂いました

毎日定時退社すると160時間ですが
そんなのやってる人はいません

どうにかくふうして200時間を180時間にしたいです
10時間(180-170)なら誤差の範囲として大人の受け流しでもOKです

毎日1時間くらいの残業

残業=悪は定着してるもんだとばっかり思ってました

高度プロフェッショナル(←とりあえず年収3000万円くらいからにしてほしい)
残業=正義(こういう現場には「コスト意識」とか「生産性」とかいうキーワードを語る仕事好き(←それっぽいこと言ってるだけ)が必ずいる)
とか言われても困りますよね


昔の職場は案外良かった、、と懐かしみつつ、
トタンに悪い想い出だったことにいきあたり気分が悪くなると

今が人生の頂点です

posted by みかづき at 23:42 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。