2019年01月01日

仕事のことと目標

タイトル変えました

今年も健康に注目します
いい加減自分を正せるように
なんだかんだ言い訳つけて先延ばししないように

まずは73kgをコンスタントに維持できるようになります

毎週バイクを漕ぎます
まだやり方は分かりませんが、気晴らしの方法を編み出して強制的にでも実践します

仕事はできないことだらけでストレスだらけ
恥ずかしくて屈辱ですが
成長のチャンスだと思って食い下がってみます

少しでも成長できるなら9月まで続けて10月から新しい職場
そのためには8月9月は新しい場所探し
6月にはリタイア表明
なんか食い下がってもあんまし意味ないきもしますが・・・

食い下がっても食らいつけなかったら
バカンスということにして不安ですが5月に世界一周
6月に新しい現場を探して7月から復職というスケジュールにします

駄目になる可能性を視野にいれるのは覚悟が弱いかな・・
んでも、今のダメさは、昔切り落としてきた使えない人と同じダメさな気がするから
頑張ってても駄目なものは駄目って判断されても仕方ないように思う

自分の伸び代・・・
ちょっと信じきれない

けど、2019年の方向性はだいたい上で書いた通り

まず健康があり、
その次に定常的に資金を稼ぐこと、
そして、もはや何も触れてないけど本質的な仕事としての市場取引

この3段構造
バカンスがあるような状況では2段目は5,6年続ける必要がある(バカンス無しなら4年)

まー120年とくらべたら大した話じゃないから、
辛いと感じるくらいならバカンス多めでも良いし、
4年か10年になったって何も悪くない

枷をはめてるのは僕自身だから
例えば報酬を今の7割にした上で年に1割をバカンスにしたっていい
問題はその7割くらいの報酬に対して「こんだけのために拘束されてるのか」と自分が腐ってしまうこと

もっとふがふが楽に過ごせれば良いのに

バカンスを楽しむこととか
無駄に何もしないことを楽しめるようになったら良いとおもう
僕の場合は自然にはできないからある意味「仕事」だとか「訓練」だとか思ってやるのかもしれない

想像だけど「だらだら」≒「規律」という構図になっていて
そうやって過ごせるようになったら生活が確立できてて自立するのだと思う
更に想像だけどそこに至る頃には散財する生活ではなくて、
逆に質素で無駄が削ぎ落とされた美しい生活スタイルになっていると思う

考えれる余裕があればいろんなことにチャレンジできると思う
どういうことにチャレンジしないといけないか認識できると思う

多少の緊張感はあっても
きちんと自分のことを考えれる1年になると良い






posted by みかづき at 01:30 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。