2018年05月13日

リフレッシュしました

リフレッシュしました
ちょっとマシになりました
ただ、生きてても意味ないと思い始めました

というのを契機に少し考えました。

どこかの国会議員が女性に3人以上子供を産めとけしかけたという話をききました。まだそんなことを言う人がいるのかと国民としてがっかりしました。男は普通子供を産めないので二重ながっかり感があります。

加えて思います。

近代は人権に注目する余裕ができました。ほんの100年前までは食べ物がなければ死ぬのが当たり前でした。NHKのおしんというドラマでおばーちゃんが口減らしが必要だと自ら真冬の川に身を沈めて死のうとしてる場面を思い出しました。

今は保護制度があります。食べ物をただで配る団体もあります。更に食べれるものが日常的に捨てられています。でも食べ物がなくて死ななければならない人がたくさんいます。

おしなべるとどれくらい人が居ても大丈夫なんでしょう?

自国の国力とか労働者とか言いますが、結局、地球はまだ人を受け入れ可能なんでしょうか?

僕には、3人産めというのは、とりあえずマグロは減ってるから食べるのをやめよう程度の話に聞こえます。もちろん、マグロは大事ですが
マグロ食べなくても他のもの食べます。

食べる側の論理としては、多分、マグロと違ってたくさんいるからとかいうのでしょうが、新しくたべることにした魚か何かの数が変われば生態系はずいぶん影響を受けます。するとどうなるか?という類の疑問に、意外と人類は知識をもってません。

もちろん予測はするでしょうけど、その精度というのは原子力発電所は100%安全と思ってた頃と変わりません。

ここらでこんな風に言えば良いと思います

日本はちっこいのにずいぶん資源を食い散らかしているので反省しました。今後は環境先進国となります。少子化対策をやめてむしろ積極的抑制に舵をきります。人間に頼らない方法での生産性向上を追求することで20年後の一人当たりGDPを30万ドルに引き上げます。小国に希望を与え、大国に回顧を促し、日本はやっぱりすごいと世界中から言ってもらえるような国を目指します。

社会保障費と借金があるので簡単ではないかもしれませんが、今からこれくらいの夢を見ないと、もうそこに迫ってる次の産業革命に対応できないと思います。

もはや、国という括りは古いのかもしれません。

ということで、間に合うかと思ってましたが、そうではなさそうだと心配になってきました。ファティマやHIeは無理でもマトリックスやSAOみたいな没入型VRで幸せに暮らせる時代は次の世代なんじゃないかと。

前述、おしんの時代までは日本でも食べ物がなくて死ぬのはあたりまえでした。家族であっても売ったり、山に捨てたりすることがあったと聞きます(僕の地元でもあったと祖父から聞いたことがあります)。そんな時代のことを「大変だったんだなぁ」と思いますが、僕らの次の世代の人は思うかも。

「え?人間関係に悩むってなに??」
「昔の人って自分で野菜つくってたんだよね?なにそれ?たいへんじゃん」

最終的にはなんとかなると思ってた道が閉ざされたようです

今を受け入れて楽しむのが最良だと聞きますが
再びそれがすごく難しいと思います

1ヶ月くらい前まではだいぶ復活してきたと思ってたのに
人生反転するくらいの罠にかかっていました

1人当たりGDP30万ドルの夢を語りながら
人生の無常にただぼーぜんとしてるという

これからどーなるんだろ、、








posted by みかづき at 00:54 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

100はいんだけど、その先

100を達成したあとの200とか500なんかは達成できると思う
でも、次の1000は大変そうだ

証拠金がまた高くなってる
数年前の10倍くらいなんじゃ?

もーわすれちゃったけど
昔は10万ドルあったらもっとどっかんどっかん
爆発がおこるような
エキサイティングな玉を仕込むことができた

今はその時の感覚だと、
花火の玉の中にはいってる火薬を1つか二つ取り出そうとしたら
係の人に見つかって怒られたので、
癇癪玉を買ってきてこれを建玉のかわりにしようって
いってるようなものです

たった1000ドルくらいだけど
ちょっと玉操作の技術がいるなぁと

それに相場の波から月に1000ドル分ちゃんとみつけれるのかなぁっていう不安もあります(玉操作と同じはなし)

でもやんなきゃ
仕方ないからって病気になりそうになりながら人に使われるのは、
ここかそこら限りにしよう
ぎりぎりでもいいから、ともかく早く再独立しますよ。。
posted by みかづき at 02:32 | Comment(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5日目

完全に席を外しました
実害はなかったですが、
サスティナブルな対処ではありませえん。

それでも唯一の方法と思われるため
更新来れるまで席を外し続けます

空いてる個室を与えてもらうか
リモートと似たような状態にしてもらうか
どちらかを申し入れて受け入れられなければ
次の更新はしません。

だいぶ整理できました

加えて僕ができること他にもないかと考えました
結果は、中年の匂いの対策

夜体洗う、朝もう一度洗う、服にスプレー、首と頭をふく、口臭がむを噛む、昼間の顔拭きは見苦しいのでトイレでやる。ついでにスプレーもそこで駄目押し。首筋なんかもいっしょにふく。

というような対策することで
すこしでも不快な部分を減らします

においだと「臭いですよね」とはなかなか指摘しづらいのもわかる。こちらからなんとか善処したい
努力かってもらえて静かになってくれたら席外さなくてもよいわけだから、QoLが向上するのと同義です

でも、やめると決めたら良い方向も見えてきます
おわるまでにできるだけ自分が成長できるようにしたいです。
posted by みかづき at 02:24 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

メンタルヘルス4日目

体調悪くなってきました
目と頭です
昼間でも白もやがかかったようです

離籍と会議で直接被害を減らせることが分かりました

ただ、周囲への拡散が認識できるようになりました

あからさまです
多少でも反省があればあからさまなんてあり得ないと思います
悪意と考えるのが自然でしょうか

耳にした時「そういうの気分悪いからやめて下さい」と言うべきでしょうか?

しかし、一体どこからこんなことになってしまったんでしょう?

思い返すと実は初日から拒絶されてたのかもしれません

更によく思い出してみると
近くに居た別の協力会社の人は
結構奇妙な去り方をしていました

仕事してなさそうな人は盛大な見送りを受け
この人がんばってるなーと思う人は月末とかの区切りじゃなく辞めていきました

幾人かからは「あんたも気をつけた方が良い」と言わました
「ここの人ほんとにやべーから」みたいなニュアンスの言葉もありました
それがどういうことなのか具体的には聞かされませんでしたが
もしかしたらその方々も密かに苦しんでいたのかもしません

私の苦痛は最近特に顕在化しましたが
以前から気になってたし、
前述の通り思い出してみると最初からでした

つまり慣れて理解の幅が広がると酷さに気づくということなのかもしれません

ちなみに盛大な見送りタイプの人は
この現場では大口の会社のようです

もともと仕事は無いので(ちょっと言い過ぎました「あまりない」くらいにしておきます)
業務に打ち込むというよりは
社員の暇つぶしを一緒になってやる人が望まれているのだと思います

私は遊ぶことはあんまり好きじゃないので逆方向です

更に更に思い返すと
面談か顔合わせの時の会話に違和感がありました

それは些細で気にすべきことではないと流してましたが
そこは大事なポイントでした
その時点で気づくのは難しかったかもしれませんが
もう一言掘り下げるべきでした

今月はまだ10日しか経ってないのに
老け込むか卒中で倒れるかくらい負担でした

しかもまだ明日も足を運ばねばなりません

過去にも過酷な状況がありましたが
今日が最悪です

健康を考えると
なるべく早く退職すべきと思います

これは労災と思いますが
もう暫く自営が必要と考えると
健保の傷病手当という精度を利用するあたりが無難そうです

まだ考えれますが
気力が失せていくのが分かります

遅くても今週末は
事後策でセーフティネットのことを考えます

もはや明日に期待はしません
ただ、できる限りの対処します
もちろん、やるべき事にフォーカスします





posted by みかづき at 20:16 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

困った3日目

本日も始業時間前から雰囲気悪かったです

これはもう日常的に万引きしてる感じです

主婦A:「別にその人の物とるわけじゃないのに。何がいけないのかしら?ねぇ奥さん」
主婦B:「えぇそうよね、奥さん」

※考えてみたら主婦じゃありませんでした。

主婦B:「ほんとに何言ってるのかしら、いやねぇ」
主婦A:「ほんとイヤ。私なら絶対無理」

法律を勝手な論理で正当化した上、
返す刀で他人を攻撃する感じだと思います

一昨日までこの会話はばっちり聞こえる音声で行われてました
昨日はどうやらテキスト化されましたが、リアクションがダダ漏れでした

本日はタイプが少し上手になっていました

仕事してる感を演出するため
会議が開かれているようで苦痛な時間が昨日より減りました

こちらも仲間とコミュニケーションのためのミーティングを設定することで
少しばかりは改善できそうです

明日はもっと良くなりますように

でもこれに慣れたり耐えれるようになったからどうだというのでしょう?
どうか厄害はなくなってほしいですが、
居なくなるのは正社員じゃなくて協力会社の人って考えるのが自然だろうと思います

そういえば協力会社も類友です。

協力会社社員C:「奥さま、本日は何盗ってきたんですか?
協力会社社員D:「ぎゃっぎゃっぎゃっ。まいんちすげーっすねー。ぎゃっぎゃっ」

#「ぎゃっ」って日常じゃ使わないよ、、

黙認じゃなくて幇助レベルです
こんな人達と同じ仕事って思われたたくありません

社員にもしっかり指摘する心構えが必要と思います

明日はもっと良くなりますように




posted by みかづき at 19:49 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする