2017年09月11日

人生100年が来た

だいたい5年遅れて時代がついてくる一例です

vlcsnap-2017-09-11-21h35m08s901.jpg

けどこういうのは良いですね
我々、40代、見捨てられた世代にはこういう機会が必要と思います


vlcsnap-2017-09-11-21h35m22s744.jpg

そろそろ老人は、戦後生まれ・バブル育ちになってきました
彼らを甘やかすのはそろそろヤメにして欲しいです
(とか言ってると結局僕ら世代が損をする構図が今から予想できます)

但し、破綻した(することが目に見えてる)制度をなんとかしなきゃって思ってます


vlcsnap-2017-09-11-21h36m36s193.jpg

根強いというか返すあての無い借金するのは論外です
高望みせず、「今はできない」としっかり宣言した方がマシだと思います

「公教育」もある意味破綻したジャンルです
国鉄とか郵便局とかとにたようなもの
諦めて民間人に小分け切り売りした方がいんじゃないかと思います
(これは他の先進国とはちょっと違う方向です)

先日、アメトーークでもありましたが、
高校なんて本来は「卒業させてくれてありがとう」と親に礼を言うくらいの位置付けと思います
高卒、大卒当たり前というのを改めればそもそも教育費は抑制できます

必死で受験勉強した所で半分は学業を疎かにするし、
どの道、企業がイチから再教育することを考えると重複投資だなって
早くみんな気づかないものでしょうか

「大学では何を学ばれましたか?」はもっと重たい質問であって欲しいものです
一方で前途ある中卒生は寛容に受け入れたらどうでしょう
中卒だと有名な企業にさくっと入れるけど、大卒は業種が限られて競争が激しいということになったら
果たしてわざわざ遊ぶために大学に進学する人がいるでしょうか?








posted by C.C.C3 at 22:41 | Comment(0) | 経済一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Hips Don't Lie

Mikasa二度推しなのがポイントです


なんか10年も経ったことに気づきました

懐かしさ、物がなしさ


posted by C.C.C3 at 22:10 | Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メンタルの件、一因に思い当たる

細いものの扱いに慣れておくと大きなものも扱える
大きめの器を用意すれば小さいものも入る

メンタル弱の一因はそういうんじゃないかと思い当たりました

私の場合は
熱い湯に浸かって
我慢してノボセたのでぬるま湯に浸り
これじゃヌルいと飽きて熱い湯に戻ったのが一因

熱→温の結果は「だるー」って思う程度のストレスですが
(精神的にはそんなもんですが、生活リズムが夜に移るので普通に健康に害あると認めざるを得ませんでした)
温→熱は「アツっ!(宮川大輔風)」って感じの深刻な熱刺激があります

これだ
(当たり前っすね‥)

リタイアも復帰も徐々に進めるのが合ってるということだと思います
(これも当たり前過ぎてバカにされそう‥)


posted by C.C.C3 at 01:13 | Comment(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

日曜 #アメトーーク が素晴らしかった

定時制高がテーマで終始おもしろい話かと思いきや
大半は「なるほど」と思ったり
共感して感動する話でした

例えばいつも明るいイメージのこの人

vlcsnap-2017-09-10-23h04m05s483.jpg

黒板に「文化祭」ってピンクのチョークで書いてある教室
黒板に向かって生徒はひな壇上に座り、

おじーちゃんのマンダリン、英語の先生のマジックを見ながら
パン食べてジュース飲んだそうです

ちょっと笑い飛ばせない切なさ


vlcsnap-2017-09-10-23h04m17s686.jpg

こうしめくくって
番組上は全員笑ってな形でしたが
思うとこあったんだなってみんな感じたと思います

番組終盤では卒業式の後、
お父さんに「卒業させてくれてありがとう」とお礼した話が紹介されました

彼だけじゃなく
じんわり暖かい話が他にいくつも紹介されてました

日曜ってなんか薄いなーって思ってましたが
「ゴールデンってこうあるべき」って方向で考えるんじゃなくて
純粋に笑いを感動をミックスしたらこんな形
って提案と受け留めれる内容だと思いました

良かったです






posted by C.C.C3 at 23:32 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏という感じ

仙台行って来ました
会場は仙台ではなくて利府と松島でした

午前中はチャレンジ、夕方に県選手権準決勝と2試合でした
僕らに非日常を提供してくれてる生徒たちにはこれが普通(かどうかは分かりませんが)のことと思うと頭下がります。先生方は代休とかあるのでしょうか?

午前中の試合は、あまり良い所ありませんでした。食らいつきというか、ボールに挑んでく感じが感じれなかったのが残念でした。素人感覚であてになりませんが、個人的にはパスが繋がらないとこなどは、一ヶ月経っても改善してる感じがしませんでした。

勝ったのは良かったですが、これでは及第でないと思います。
そんな中、少し印象に残ったのは15、20でした(あくまで個人的な感想です)。20は後ろを向いた時の動き、追いかけ具合が良かったです。15は途中で変わりましたが上下の動きが大きくて良かったです。中盤前目の8も良かったですが、彼女にはもう一段飛び抜けた動きでチームを引き上げて欲しいと思いました。

今日は(「も」かもしれませんが、私は今年初めてでした)チア部が素晴らしかったです。チャントに合わせて振り付けがあったのではないかと思います(すぐ近くなのに「思います」と書いてるのは、ピッチ見てたからです。試合中に後ろ向くのは不謹慎と思ったのでご容赦)。今日は個人コール中心の日だったかと思いきや、終盤に長い詠があるなど、ちょっと過酷だったかもしれませんが、ファサファサ音は最後までしっかりきこえてて見事でした。


午後は、かなり力の差がありました。応援もそこまでやるのかという件もあり、青峰くんが強すぎる話を思い出しました。しかし、どちらも精一杯戦ってました。

前は26。ゴールラインにまっすぐ突っ込んでもゴール前に折り返せるのがかっこよかったです。
後ろは可能性という視点で2。幅広いフィードに期待です。

相手チームは、「最後まで」とキャプテンが声掛けしてました。スポーツで鍛えられるのは体だけじゃないというのを体で覚えて行く様を見せつけられたようです。敵ながら一番心に残りました。この歳でこんなこと言うのはかっこ悪いですが、勉強させていただきました。ありがとうございます。すごくかっこよかったです。


松島は、場外にも駐車できるようになってて少し行きやすくなりました(いつもは駐車場うまくとめれる自信がないので不安でhした)。市街を通らないで帰る道も教えて貰えて、仙台までの帰りは正味50分、15分あれば新幹線のれると分かりました。今後の目安にします。


お疲れ様でした。

posted by C.C.C3 at 20:34 | Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする